自動車保険の値段は、等級・年齢・走行距離・事故有係数などから計算されるため、その人によって一番安い保険会社は変わります。あなたにとって一番安い自動車保険を見つけませんか?

一番安い自動車保険:人気おすすめランキング

【栃木で車買取】査定額に100万円の差!知らないと損する裏技とは?

更新日:

愛車をできるだけ高く売りたい

栃木で車を売るなら!確実に高額査定をゲットする方法とは?

車を売るなら、できるだけ高い価格で売りたいですよね?

栃木で車買取をする場合、一番高く売る方法をお伝えします。

一番高く売る方法

まず意外とやってしまいがちな失敗例は?

1社だけに査定を依頼する
買取相場を知らまいまま、言われるままの価格で売ってしまう

これでは、結果的に何十万円も損をしてしまうことになります。

車の買取査定で大切な3つのポイント

そこで、車の買い取り業者選びに大切な3つのポイントを挙げます。

  1. 買取査定の価格が他社よりも高いこと
  2. 売りたい時にすぐ対応してくれること
  3. 安心して任せられる買い取り業者であること

1.他社よりも買取査定の価格が高いこと

買取価格を上げるには、1社だけでなく、複数の中古車買い取り業者から見積りをとることが重要です。

実は、査定業者によって査定ポイントは異なります。だから数多くの査定業者に見てもらうことで、より買取価格が高い業者にめぐり会うことができます。

とは言っても、一社ずつ電話をして見積もりを取っていくのは大変ですよね?

そこで、一度の入力で、複数の買取価格を比較できる「一括査定サービス」がおすすめです。

2.売りたい時にすぐ対応してくれること

いくら買取価格が高くても、売りたい時に売れなければ意味がありません。

実はこういった融通がきかない業者は意外と多いのです。

こちらが売りたいタイミングで、すぐに対応してくれる優良業者を選ぶことが大切です。

3.安心して任せられる買い取り業者であること

買い取り業者はたくさんありますが、中には怪しい業者もあります。

大手が運営しているサービスであれば、評判の悪い業者は淘汰されていなくなっているので安心して利用できます。

車査定サービス:栃木のおすすめランキング

先ほど説明した「3つのポイント」を満たしたランキングをご紹介します。

ランキング1位 かんたん車査定

かんたん車査定
公式サイトはこちら


ランキング2位 ズバット車買取

ズバット車買取
公式サイトはこちら


ランキング3位 カーセンサー

カーセンサー
公式サイトはこちら

これら3つのサービスは、それぞれ査定業者が異なります。
1位のサービスを利用すれば問題ありませんが、もし余力があれば1位~3位すべてのサービスを利用することで、より買取価格が高い業者が見つかる可能性が高くなります。

かんたん車査定を車買取サービス1位に選んだ理由

車買取ランキング1位の理由

理由1:最高額が出る

他の一括査定サービスと異なり、実際に利用した人の平均で「いくら高くなった」という数字を公表しています。

数字を公表できるのは、「査定額が高くなる」という結果にコミットできる自信の表れです。

他のサービスでは、「本当は高くならないことがバレてしまうから、実際の数字を公表できない」という実情があるようです。

理由2:査定額がすぐわかる(わずか32秒)

入力はわずか32秒。

インターネットで査定を申し込んだらすぐに買取価格を提示してくれました。

利用者の声を聞いても「スピード感は満足ですし、担当も感じの良い方でした。是非また一括査定を利用したいです。」と好評です。

理由3:売りたい時にすぐに売れる

買取価格に満足すれば、売り先は当日で決まってしまうスピード感です。

電話で他の2社より高い金額を提示された為、そちらに決めました。

その他の理由

その他にも、

  • すべて無料で査定してくれる
  • 買取価格が満足できないなら、売らなくて良い
  • 1度の入力で、たくさんの買取業者の査定金額の比較ができるため、最高額がすぐわかり、時間の短縮もできる

がランキング1位の理由です。

ランキング1位 かんたん車査定

かんたん車査定
公式サイトはこちら

栃木で車買取・車査定の口コミ

車買取・車査定の口コミ

買取価格は比較・競合しないと高くならない

勤務先が変わり、車通勤から電車通勤に変わりました。

休日も車に乗らないことが多く、駐車場代や維持費がかさむので、売りたいと考えました。

「テレビCMをしている有名店のほうが信頼できるのかな?」とはじめのうちは思っていました。

しかし、買取業者の査定額を比較してみると、なんと買取価格に60万円も違いがありましたした。

結局、査定額が一番高いお店に依頼しましたが、丁寧に対応してもらえて、高く買い取ってもらえたので、大満足です。

1店舗だけに査定出した場合、提示された買取額が高いのか、安いのか判断できないので、必ず複数の店舗で査定してもらうべきです。面倒だからといって1店舗目で売却を決めると後悔しますよ。

(30代、会社員)

査定額の相場を知ると交渉が有利になる

車を売ろうと、新車購入したカーディーラーで下取りをしましたが、買取価格は40万円でした。

「ちょっと安いな…」と思いつつも、中古車だったので、その場では何も言えませんでした。

しかし、無料査定サービスを利用してみると、最高額は100万円で、平均でも75万円でした。

「なんだ、もっと高く売れるじゃないか!」と思い、再度カーディーラーに行って話をすると、なんと買取価格が40万円→80万円にアップしました。

100万円で買い取ってくれるお店にしようとも考えましたが、ディーラーとの付き合いもあり、80万円で売却。

無料査定サービスで相場を知っていなければ、40万円も損をするところでした。

たとえ売り先が決まっていても、相場を知ることで、交渉を優位に進めることができますよ!

(40代、自営業)

事故車でも買い取り価格がアップする!

買取業者から「事故車だから、買取価格はつきませんよ」と言われ、5万円を提示されました。

その価格で売ろうと話を進めていましたが、友達から「買い取り業者は比較した方がいい」と言われ、「かんたん車査定ガイド」という、複数の査定会社から一括で査定してもらえるサービスを利用しました。

すると、
A社:15万円
B社:25万円
C社:20万円
でした。

「えっ、聞いていた5万円よりもずっと高いじゃない!」と衝撃を受けました。

結果、最高額を提示して頂いたB社に売ることになりましたが、丁寧に説明して頂いて、安心して売ることができました。

説明の中で、「うちは修理工場を持っていて、事故車の扱いになれているから、高額査定ができる」という話を聞いて納得しました。

事故車でも諦めないで、査定額を比較してみることをおすすめします。

(20代、OL)

栃木の特徴

栃木:14市13町

面積 6,408.28km2(20位)
人口 2,003,954人(20位)
県花 ヤツオツツジ
県木 トチノキ
県鳥 オオルリ
県庁 〒320-8501
栃木県宇都宮市塙田1-1-20(028-623-2323)

関東と東北を結ぶ縦貫道

県の東、西、北に連なる八溝、足尾、日光、那須の山々に囲まれて関東平野が広がる。
北部の火山山地一体は雄大な自然と温泉に恵まれ、多くの観光客を引きつけている。
かつでは農業県だったが、東北縦貫道や北陸新幹線など交通網の発達で、県内各地にたくさんの工業団地ができた。
廃藩置県後、栃木、宇都宮2県を設置、1873宇都宮県を栃木県に併合、76年に上野国3郡を群馬県に移管、現在の姿に。
県名の由来は、トチの木に関係するなど諸説ある。

故郷の自然

男体山(なんたいさん)2486m
奥白根山(おくしらねさん=日光白根山)2578m
高原山(たかはらやま)1795m
那須岳(なすだけ=茶臼岳)1915m
戦場ヶ原(せんじょうがはら)
鬼怒川(きぬがわ)177km
渡良瀬川(わたらせがわ)107km
中禅寺湖(ちゅうぜんじこ)

栃木人名録

田中正造(たなか・しょうぞう)1841-1913・政治家=佐野市
小平浪平(おだいら・なみへい)1874-1951・日立製作所創立者=栃木市
小杉放庵(こすぎ・ほうあん)1881-1964・画家=日光市
山本有三(やまもと・ゆうぞう)1887-1974・作家=栃木市
栃木山守也(とちぎやま・もりや)1892-1959・横綱=栃木市
橘秋子(たちばな・あきこ)1907-71・舞踊家=宇都宮市

難読地名

荊沢(おとろざわ)=日光市
五十部町(よべちょう)=足利市
道祖土(さやど)=真岡市
九石(さざらし)=茂木町
羽田(はんだ)=大田原市
文挟(ふばさみ)=日光市、JR日光線駅名
熟田(にいた)=さくら市、高根沢町
神鳥谷(ひととのや)=小山市

紛らわしい地名

大平(おおひら)=栃木市の地名
太平(おおひら)=山名(栃木市)

華厳滝(けごんのたき)=標準的な名称
華厳ノ滝(けごんのたき)=観光パンフレットなど
華厳の滝(けごんのたき)=一般的に使用

古峰ヶ原(こぶがはら)=鹿沼市の地名、高原名
古峯(ふるみね)=同地にある神社名

渡良瀬遊水池(わたらせゆうすいち)=元来の名称、地図も多くはこの表記を使用
渡良瀬遊水地(わたらせゆうすいち)=国土交通省など役所関係で使用(一帯を表すときは「…地」を標準表記とするため)

高原山(たかはらやま)=塩谷郡にある二子火山の総称
釈迦ヶ岳(しゃかがたけ)=南側の主峰名。北は塩原火山

 

統計でみる栃木県の姿

自然環境

自然公園面積割合:20.8%(12位)
可住地面積割合:46.0%(12位)

人口・世帯

人口密度:314.2人(22位)
生産年齢(15-64歳)人口割合(対総人口):65.6%(8位)
老年(65歳以上)人口割合(隊総人口):20.5%(39位)
人口増加率(総人口ー前年総人口)÷前年総人口:-0.07%(15位)

経済基盤

県民所得:3101千円(6位)
預貯金残高:480.8万円(23位)
第1次産業就業者比率:6.8%(25位)
第2次産業就業者比率:32.6%(9位)
第3次産業就業者比率:59.5%(44位)

教育・文化

高等学校卒業者の進学率:50.5%(22位)
大学・大学院卒者の割合:10.9%(29位)

家計・住環境

実収入:570.3千円(11位)
世帯主の勤め先収入:480.4千円(3位)

医療・安全

一般病院数:3.3施設(40位)
平均寿命(男):78.01年(40位)
平均寿命(女):85.03年(46位)
交通事故死傷者数:882.3人(16位)

栃木県の市町村データ

市名 人口 市役所所在地(電話番号)
宇都宮市
(うつのみやし)
505,330人 〒320-8540 旭1-1-5(028-632-2222)
足利市
(あしかがし)
156,064人 〒326-8601 本城3-2145(0284-20-2222)
栃木市
(とちぎし)
141,398人 〒328-8686 入舟町7-26(0282-22-3535)
佐野市
(さのし)
123,294人 〒327-8501 高砂町1(0283-24-5111)
鹿沼市
(かぬまし)
103,436人 〒322-8601 今宮町1688-1(0289-64-2111)
日光市
(にっこうし)
92,878人 〒321-1292 今市本町1(0288-22-1111)
小山市
(おやまし)
158,461人 〒323-8686 中央町1-1-1(0285-23-1111)
真岡市
(もおかし)
79,468人 〒321-4395 荒町5191(0285-82-1111)
大田原市
(おおたわらし)
74,343人 〒324-8641 本町1-4-1(0287-23-1111)
矢板市
(やいたし)
35,452人 〒218-2192 本町5-4(0287-43-1111)
那須塩原市
(なすしおばらし)
115,970人 〒325-8501 共墾社108-2(0287-62-7117)
さくら市
(さくらし)
43,219人 〒329-1392 氏家2771(028-681-1111)
那須烏山市
(なすからすやまし)
30,693人 〒321-0692 中央1-1-1(0287-83-1111)
下野市
(しもつけし)
59,546人 〒329-0492 小金井1127(0285-40-5551)
河内郡(かわちぐん)
上三川町
(かみのかわまち)
31,632人 〒329-0696(0285-56-9111)
上都賀郡(かみつがぐん)
西方町
(にしかたまち)
25,119人 〒322-0692(0282-92-0300)
芳賀郡(はがぐん)
益子町
(ましこまち)
31,632人 〒321-4293(0285-72-2111)
茂木町
(もてぎまち)
15,865人 〒321-3598(0285-63-1111)
市貝町
(いちかいまち)
12,577人 〒321-3493(0285-68-1111)
芳賀町
(はがまち)
16,825人 〒321-3392(028-677-1111)
下都賀郡(しもつがぐん)
壬生町
(みぶまち)
39,588人 〒321-0292(0282-81-1806)
野木町
(のぎまち)
25,989人 〒3290195(0280-57-4111)
岩舟町
(いわふねまち)
16,825人 〒329-4392(0282-55-7751)
塩谷郡(しおやぐん)
塩谷町
(しおやまち)
18,618人 〒329-2292(0287-45-1111)
高根沢町
(たかねざわまち)
30,729人 〒329-1292(028-675-8100)
那須郡(なすぐん)
那須町
(なすまち)
27,689人 〒329-3292(0298-72-6901)
那珂川町
(なかがわまち)
19,561人 〒324-0692(0287-92-1111)

それまで乗っていたクルマが高く売れたので、新しく買った愛車で、関東平野を一望するドライブへ。

東北道佐野藤岡ICを降りて、午前の太陽を背に佐野プレミアム・アウトレットに向かう。
有名ブランドや飲食店など約170店がそろうアウトレットは、アメリカ郊外で見かけるモダンなショッピングモールの様相を呈している。
すぐにそれだと分かった。

ショッピングを楽しんだ後は、国道50号バイパスを2キロほど足利方面に走り、佐野観光農園アグリタウンへ。
周囲の広大な土地に、ビニールハウスが並んでいる。
ハウス内では5月上旬まで栃木名産の「とちおとめ」が実り、赤く色づいていく。
いちご狩りができるアグリタウンは、生産者から新鮮な野菜が届く場所でもある。
軽トラックに積まれたままの泥付き大根が1本50円で売られていた。

佐野厄除大師は法相宗に属し、正式には春日岡山転法輪院惣宗官寺(かすがおかやまてんぽうりんいんそうしゅうかんじ)という長い名称を持つ。
唐沢山(からさわやま)城を築城した藤原秀郷(ひでさと)に関わりの深い寺で、藤原一門をはじめ、庶民の信仰を集めてきた。
青柳大師(群馬)、川越大師(埼玉)と共に関東の三大師として知られるのは、数々の奇跡を起こしたと伝わる慈恵(じけい)大師の像を安置しているためだ。
年末年始に大勢の参拝者を村けるが、実際に訪れると思いのほか狭い境内に驚かされる。

さて、ランチはやはり佐野ラーメンだろう。
特徴は青竹を使って打つ麺にある。
店によって太さは異なるが、青竹に体重を乗せて伸ばす麺はコシがある平麺。
それが、醤油味のスープにからむ。

名木がまぶしい夏、庭園内が輝く冬

佐野は関東平野の北端にあり、東北へと続く山々の入口でもある。
藤原秀郷が唐沢山に城を築いたのは927年のこと。
衰退と復興の歴史を経て、佐野城が築かれたために1602年に廃城となった。

さいごに

ランキング1位 かんたん車査定

かんたん車査定
公式サイトはこちら


ランキング2位 ズバット車買取

ズバット車買取
公式サイトはこちら


ランキング3位 カーセンサー

カーセンサー
公式サイトはこちら

-車査定・買取

Copyright© 一番安い自動車保険:人気おすすめランキング , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.