自動車保険の値段は、等級・年齢・走行距離・事故有係数などから計算されるため、その人によって一番安い保険会社は変わります。あなたにとって一番安い自動車保険を見つけませんか?

一番安い自動車保険:人気おすすめランキング

トヨタ・アクア|年齢別の保険料・税金の相場はいくら?

更新日:

トヨタ・アクア

トヨタ・アクア

トヨタ・アクアの税金と保険料の相場

トヨタ・アクアは、マーチやキューブと並ぶコンパクトカーを代表する車です。

”eパワー”(=エンジンが作った電気を貯めておき、その電気でモーターを動かして走る)を搭載したため、燃費が飛躍的に向上しました。(34km/リットル)

今回はトヨタ・アクアの税金年齢別の保険料を試算してみました。

ぜひ自動車保険選びの参考にしてください。

税金

項目 金額
車両本体価格 2,479,091円
自動車取得税 0円
自動車税(年額) 39,500円
自動車重量税 0円
自賠責保険料 40,040円
諸費用等 50,000円
リサイクル料金 11,480円
合計 2,630,111円

年齢別・保険料の相場

年齢 年間保険料
21歳未満(年齢問わず) 79,640円
21~25歳 72,210円
26~29歳 67,380円
30歳以上 58,040円

>>自分の保険料を調べてみる

保険料を安くするには?

「自動車保険の値段って、どこの会社も一緒なんでしょ?」
「年齢や走行距離によって、値段って変わらないんでしょ?」

と思いがちですよね?

しかし、保険料は保険会社によって大きく異なるのです。

保険料は
・等級
・年間の走行距離
・運転者の年齢
・運転する人の範囲
・車の使用目的
・事故有係数適用期間
などを元に算出されます。

実は、これらのどの項目を重視して保険料を算出するかは保険会社によって違うのです。

つまり、あなたの条件(年齢や走行距離など)で見積もった場合、「高額になる保険会社もあれば、格安になる保険会社もある」ということなのです。

・・・ということは、

解説
たくさんの保険会社に見積もりを出せば、あなたの条件(年齢や走行距離など)にフィットした最安値の自動車保険が見つかります。

 
実際、自動車保険の見積もりを比べてみると、まったく同じ補償内容なのに「平均で保険料が2万5,000円安くなった」という驚きの結果も出ています。

・・・とは言っても、1社ずつ見積もりを請求するのって大変ですよね?

そこで、

解説
最大20社の見積もりを同時に見られるネット査定のサービスがあります。

 
ネットの査定は、ネット割引が適用されて、お店よりも安くなるのでオススメです。

あなたも見積もってみると、思いがけないほど安い自動車保険に巡り逢えますよ!

※料金は無料、わずか数分で終わります!

 

トヨタ・アクアのおすすめ補償内容(加入例)

保険の説明

もしもの時でも安心できる、おすすめの補償内容をご紹介します。

「保険料の相場」で紹介した金額は、この補償内容をもとに計算しました。

解説
もし保険料が高いと感じるなら、この補償内容を見直すことで、保険料をさらに安く見直すこともできます。

運転者・車両
年齢 40歳 
年齢条件 35歳以上補償
契約した車 トヨタ アクア
型式 ZVW30
車両料率クラス
運転者 本人・配偶者
運転免許証の色 ゴールド
補償開始日 平成28年10月
初度登録年月 平成29年10月
年間走行距離区分 4,000~7,999km
等級 20等級
事故有係数適用期間 0年 
使用目的 日常・レジャー 
補償内容
対人賠償保険 無制限
対物賠償保険 無制限
搭乗者傷害保険 1,000万円
人身傷害補償保険 5,000万円
無保険車傷害保険 2億円
自損事故保険 なし(人身傷害補償特約で補償)
車両保険タイプ 一般車両保険
車両保険金額 215万円
車両保険の免責 0-10万円
割引
新車割引
インターネット割引
証券不発行割引
ゴールド免許割引
弁護士費用等補償特約

保険料が安くなる要因

割引など、保険料が安くなる要因は以下の通りです。

  1.  20等級であるため、保険料が「63%」割り引かれる
  2.  年齢条件に「35歳以上補償」を適用できる
  3.  運転する人を「本人と配偶者」に限定することで割引が適用できる
  4.  新車なので「新車割引」という割引が適用できる
  5.  ゴールド免許なので「ゴールド免許割引」という割引が適用できる
  6.  ネットからの申し込みで「インターネット割引」という割引が適用できる

補償内容について

対人・対物賠償保険とも無制限、搭乗者傷害は1,000万円、人身傷害が5,000万円、車両保険も付いている契約です。

自損事故傷害については人身傷害と補償内容が被っているため、特に理由がなければ付ける必要はありません。

さらに、弁護士費用等補償特約が付いているため、こちらの保険会社が動けない事故(相手が100%悪いケース)で相手が難癖をつけてきた場合は、弁護士を使うことができます。

非常に充実した補償内容と言えます。

もし保険料の負担が大きくないようであれば、もしもの時も安心できるので、この補償内容の設定をおすすめします。

保険料は、保険会社によって異なります。

同じ補償内容で見積もりを比較してみると、「平均で2万5,000円以上も節約できた」という結果が出ています。

運転者限定について

今回のサンプルは、40歳の契約者で配偶者も車を運転するケースです。

運転者を契約者と配偶者に限定することで、保険料を下げることに繋がります。

ただ、お子さんが運転する場合や、友人に運転を代わってもらうことが多い場合、補償の対象となりませんので、運転者を限定しない方が良いでしょう。

人によって、等級や年間走行距離、車の使用目的などが違いますので、自分の保険料の相場を調べてみることをおすすめします。

車両保険は保険料に与える影響が大きい

アクアは車両価格が高いので、車両保険に入ることをおすすめします。

ただし、車両保険を付けると保険料が高くなりがちなので、ここでは「0-10万円」の免責金額を付けることで、保険料を下げています。

※免責金額とは、加入者が自己負担しなければならない金額のことです。

「0-10万円」とは、1回目の事故は免責金額がナシ、2回目以降の事故は免責金額が10万円という意味です。

たとえば、車をぶつけてしまい、修理に200万円かかったとします。

1回目の事故なら、自己負担はナシ、残りの200万円を保険会社が支払います。

2回目以降の事故なら、自己負担は10万円、残りの190万円を保険会社が支払います。

>>今すぐ保険料を調べてみる
(たった5分)

 

アクア保険料の相場について口コミ

アクア 保険料 18歳

18歳で、免許取得期間が1年未満です。

親や先輩からは「その年齢だと保険料が高いから、よく選ばないとダメだよ」と言われていました。

通販型や代理店型などよくわからなかったのですが、とにかく多くの自動車保険会社に見積もりを請求していました。

しかし、途中で見積もりを一括で請求できるサービスがあることを知りました。

私が使ったのは ほけんの窓口インズウェブ ですが、このおかげで 10社から見積もりを取れて、一番安い会社を選ぶことができました。

ちなみに、一番安かった保険料は月々1万5千円弱(年間で約18万円)で、高かったのは月々3万5千円弱(年間で約42万円)です。

アクアの車両保険の価格

車の値段はわかっても、保険料はわかりませんよね?

アクアは型式が1つしかないので、簡単に見積もりができます。

加入する保険会社が決まっているなら、「アクアに乗っている」と伝えるとすぐに試算してもらえます。

加入する保険会社が決まっていないなら、一回の入力で、ほとんどすべての保険会社の見積もりを取れるサービス(ほけんの窓口インズウェブ)があるので、

私の条件では、車両保険ありだと月々1万2000円、車両保険なしだと月々7000円が相場でした。

しかし、人それぞれ条件(年齢や使用目的や走行距離など…)が違うので、一度見積もってみるのが良いかと思います。

アクアの新車と中古車はどちらがお得?

アクアを購入する際、新車と中古車のどちらがお得なのかを考えてみました。

新車のメリット:新車はエコカー減税が適用される(初回車検時まで)

中古車のメリット:車両価格が安くなる

このどちらがお得なのかが、勝負の分かれ目といえます。

新車の場合:
エコカー減税が適用されると、自動車取得税と自動車重量税が0円になるため、年間約5万円(3年間で15万円)が安くなります。

中古車の場合:
年式にもよりますが、中古車は新車に比べて数十万円ほど安くなります。

結果的に、中古車がいくらで買えるかにもよりますが、中古車の方がお得になりそうです。

トヨタ アクアの維持費(自動車税等も含む)は?

車を買うときは車両価格だけでなく、維持費も含めたトータル価格で考えたいものです。

アクアの維持費は、他のコンパクトカーと同じ程度です。

そして、32km/リットルの低燃費と、税金も優遇されます。

※税金の優遇は初回車検までなので、車検ごとにハイブリッドカーを乗り継ぐのも賢い選択といえますね。

アクアの維持費については最後に書きますが、アクアは走行距離が長ければ長いほど維持費がお得になってきます。

私はいろいろ考えてアクアを買いました。

(アクアの維持費)
自動車税:34,500円
重量税:15,000円
自賠責保険:11,235円
ガソリン代:50,000円
ガソリン税:19,214円
ガソリンの消費税:2,500円
任意保険:48,000円
…年間の維持費は合計180,449円。

トヨタ 自動車保険 見積もり

トヨタの車(アクア)に乗っていますが、代理店で見積もりしてもらいました。

車両保険(180万円)で年間75万円、車両保険を車対車とすると年間45万円、車両保険なしで年間27万円でした。

その他の条件としては、対人対物賠償保険が無制限、車両保険は自己負担0―0、人身傷害保険が5,000万円、弁護士費用補償特約あり、個人賠償責任特約あり、運転者範囲指定なし…です。

代理店型の自動車保険なので、高いなーという印象です。

代理店型だけでなく、リーズナブルな通販型も含めて見積もりを比較できるサービス(ほけんの窓口インズウェブ など)を使いつつ、決めたいと思います。

アクアの燃費は悪いの?

ガソリンの燃費は、車の維持費で大きい割合を占めますよね。

トヨタのアクアは、カタログ上での燃費は37.0km/リットル(JC08モード)となっていて非常に低燃費です

しかし、アクアを買ってみると「燃費は22km/リットルくらいしか出ない」という人がいます。

なぜでしょうか?

これは、ハイブリッド車であるアクアで、ガソリン車と同じ運転をしているのが理由です。

ハイブリッド車(EV車)を運転するときは、まず出足で一気に加速します。

時速50キロまでくれば、アクセルから足を話してEV走行します。
※ここでずっとアクセルを踏んでいると燃費が悪くなってしまうので、注意が必要です。

自動車保険 アクサダイレクト

自動車の維持費を考えると、自動車保険は安い方が嬉しいですよね?

私がトヨタのアクアを購入した際、知人からアクサダイレクトを勧められました。

アクサダイレクトは、外資系保険会社である「アクサ損害保険会社」が運営しています。
外資系だけあって中間コストを徹底的に排除しているため、他の自動車保険と比べても保険料が安いことで人気です。

しかし、最大10社の保険料を比較するサービス(ほけんの窓口インズウェブ)で、実際に見積もりを出してみる2番目の安さでした。

「ここが安い」という先入観にとらわれず、実際に見積もりをしてみるのが大切だと感じました。

 

たった5分!
保険料の無料一括見積もり

 

(参考)トヨタ・アクアの特徴

トヨタ・アクア

トヨタ・アクア

街中で利用が中心で走行距離が多い人に最適

5ナンバーサイズに収まるコンパクトなハイブリッド専用車。
1500ccエンジンがベースで、JC08モード燃費は37km/リットルに達する。

したがって街中を走る機会が多く、なおかつ走行距離が伸びるユーザーに最適だ。

また、全高を1455mmに抑えたから、低重心のボディによって走行安定性も優れている。
操舵感は適度にダイレクトで、スポーティな運転感覚を味わえる。
その意味ではクルマ好きのユーザーにも適するだろう。

居住性は前席を優先させたので、後席や荷室は少々狭い。
それでも2名以内の乗車であれば、窮屈感を抱きにくい。

売れ行きは15年に登場した現行プリウスには及ばないが、小型&普通車では販売ランキングの上位に入る。
コンパクトなサイズは、登場後約5年を経た今でも魅力的だ。

・ハイブリッド専用車としては価格を安く抑えた
Sの価格は190万円を下回る。
スマートエントリーなどはオプションだが、構造面でコスト高となるハイブリッド専用車としては安く抑えた。

・標準ボディならコンパクトで小回り性能も良好だ
標準ボディの全長は3995mm、全幅も1695mmとコンパクトだ。
最小回転半径は4.8mで(Xアーバンは5.7m)、取りまわし性が良い。

・ハイブリッド車ではボディが軽く加速性能も優れている
ボディがコンパクトなので、ハイブリッド車でも車両重量は1080kgと軽い。
モーター駆動の併用で動力性能に余裕があり、加速性能が優れている。

燃費の良さは? 軽量なボディに高機能なハイブリッドシステムを搭載したので、燃費性のは優秀だ。
走行性能の高さは? 実用回転域を含めて動力性能に余裕がある。
低重心で走行安定性も満足できる。
居住性の良さは? 前席は快適だが、後席は頭上と足元の空間が狭めで、腰が落ち込む座り方だ。
質感や操作性は? 内装の質感は今一歩。
視界もあまりよくないが、小回り性能は優れている。
価格は高いか安いか? 快適装備にはオプションが多いが、ハイブリッド車として価格を安く抑えた。
総合評価 後席と荷室が狭くファミリーカーには適さないが、適度価格で優れた燃費性能が手に入る。
緊急自動ブレーキも採用されて安心感を高めた。

自動車保険を一番安くする方法

自動車保険の保険料を安くする

自動車保険は1年契約です。

保険契約が切れるタイミングは、「もっと安い自動車保険を探すのに絶好のタイミング」と言えます。

自動車保険の保険料を安くするには、たくさんの見積もりを取って、どこが一番安いのか比較するのがベストです。

しかし、たくさんの保険会社から見積もりを取るのって大変ですよね?

そこでおすすめなのが、ほけんの窓口インズウェブ です。

一度にたくさんの見積もりを取れるので、カンタンに保険料の最安値を見つけることができます。しかも利用は無料!

私も利用しましたが、たった5分の入力でなんと年間31,000円も安くなりました。
(※補償内容はまったく同じで、値段がこんなに安くなりました↑) ほけんの窓口インズウェブたった5分!
保険料の無料一括見積もり

車を売る時は無料一括査定

値引き金額

車を売るなら高く売りたいですよね?

私が昔乗っていた車を売った時、複数の車買取会社から査定を受けました。

車の無料一括査定(見積もり)

すると、一番高い会社と安い会社との査定額は600,000円もの差がありました。(同じ車なのに、ですよ!?)

かんたん車査定ガイドでは、最大10社からネットで簡単に一括査定を受けることができます。

手続きは1分で終わり、すぐに査定額が一番高い会社がわかります。

買い叩かれずに済むメリットも〇

もし新しい車に買い替えるなら、今乗っている車は下取りに出しますよね?

下取りに出す前に、あらかじめ下取り価格の相場を知っておくと、買い叩かれずに済むメリットもあります。

車の一括査定(見積もり)たった1分!
愛車の下取り最高額を知る(無料)

-年齢別・保険料の相場

Copyright© 一番安い自動車保険:人気おすすめランキング , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.