自動車保険の値段は、等級・年齢・走行距離・事故有係数などから計算されるため、その人によって一番安い保険会社は変わります。あなたにとって一番安い自動車保険を見つけませんか?

一番安い自動車保険:人気おすすめランキング

【スズキ・ハスラー】値引き額・新車価格の相場はいくら?-最安値を引き出す方法とは

更新日:

スズキ・ハスラー

新車を購入するなら安く買いたいですよね?

新車は高いから手が出ない…
値引きしたいけど、新車って安くならないんでしょ?

確かに、「新車を安く買うのって難しそうだ…」と思ってしまいますよね?

しかし、今から説明する方法なら、値引き額を大きくアップさせて、安く新車を買うことができます。

以前、私が乗っていた車で、この方法を試しました。

その結果、当初提示された金額から値引き額がなんと60万円もアップしました!!

この「新車をとても安く購入できる方法」は、誰にでも実践できるので、ぜひ試してみください。

スズキ・ハスラーの値引き額・相場

スズキ・ハスラーの値引き額(相場)は、

14万~31万円

となっています。

それでは、ここから更に安くする方法をご紹介します。

【必見】値引き額をアップする方法

値引き金額

方法1:ライバル車と競わせる

まず、ライバル車を調べます。

ライバル車とは、あなたが「買いたい!」と思っている車と、以下の特徴が似ているクルマです。

1、車の形状(ミニバン、セダン、SUVなど)
2、ボディサイズ
3、エンジンの排気量
4、価格

値引きで特に大切なポイントは・・・狙っている車よりも価格が少し安いライバル車を見つけること、です。

そうすることで、

「クルマとしては狙っている車の方が魅力的ですが、ライバル車の方が値段は魅力的なので、迷っているんです。」

という図式ができあがります。

これによって、あなたが本当に狙っている車の値下げ交渉に入れるのです。

スズキ・ハスラーのライバル車

・フレアクロスオーバー
・キャスト
・ピクシスジョイ

方法2:総額で攻める

実は、車には値引きできる箇所がいくつもあります。

・本体車両価格の値引き

・付属品の値引き

・ローン利用による値引き

などです。

しかし、これらは個々で攻めるよりも、「総額」で攻めた方が結果的に安くなります。

理由は、「本体車両価格」や「付属品の価格」などの個々では、値引きできる金額は大きくないからです。

具体的な攻め方としては、

現金一括なら「総額で250万円にならないかな?」

ローンを組むなら「月々2万円以内に収めたい」

といった具合で伝えてください。

もちろん、それが多少無理な数字になるのはお約束!

でも、営業マンは個々で攻められるよりも、大枠で攻められる方が条件をいじりやすいのです。

こちらから総額を提案すれば、営業マンが「じゃあ、ドコとドコを値引きすれば、その金額にできるか?」をすべて計算してくれるのです。

方法3:下取り価格を上げる

(※実は値引きをする上で、ここが一番大切です。)

新車を買う時、現在あなたが乗っている車を、新車を買うお店にそのまま下取りに出してはいけません

他の買取店などで見積もりを取ってもらって、車の下取り価格を競合させましょう。

実は、買取査定というのはとてもピンキリで、最大で60万円くらいの差がでることもあるからです。

車の無料一括査定(見積もり)

新車を買ったときに、もし買取相場を知らずにディーラーに下取りを任せてしまうと、大損することもあるのです!!

「事前に、他の買取店で見積もりを取ったほうが良いのはわかったけど、なんだかめんどくさいな…」

でも、そういう方には、「かんたん車査定ガイド」というネットで査定できるサービスがあります。

無料で複数の会社から査定してもらえるので、わざわざ店に行かなくても愛車の最高値相場が、すぐにわかります。

最高額のところに売るのもOKですし、査定するだけでももちろんOKです。

所要時間は、たったの1分弱

これなら、忙しくても大丈夫ですよね?

最近の新車は、車両本体価格からの値引き余力は、非常に少なくなっています。

そのため、営業マンも車両本体値引きについてはそれほど駆け引きせずに、初回からいきなり限界値に近い条件を提示してきます。

つまり、粘っても値引き額が拡大するレベルのは、たかがしれているのです。

そこでおすすめしたいのが、下取り金額を上げることなのです。

私の例ですが、当初は

本体値引き10万、下取り30万円

と言われていました。

しかし、事前に下取り専門店(かんたん車査定ガイド)で愛車の最高額を調べていたおかげで、下取り額を上げることができ、全体的な値引き額のアップにつながりました。

値引き額をアップする方法でも説明した「ライバル車と競わせる」方法も使った結果、

最終的には、

本体値引き20万、下取り80万円

になりました。

値引き額で10万円ですが、下取り額では50万円もアップしています。

合計で60万円値引き額アップを実現しました。

特に下取り額の50万円アップは、わずか1分弱でできたのです。

わずか1分弱で、値引き額をアップさせますか?

それとも値引きを諦めてしまいますか?

たった1分!
愛車の下取り最高額を知る(無料)

(補足)スズキ・ハスラーってどんなクルマ?

スズキ・ハスラー

「アクティブなライフスタイルに似合う軽クロスオーバー」をコンセプトに開発された。
S-エネチャージを採用して32.0km/リットルの燃費を達成している。

基本情報

乗車定員 4名
ドア数 5ドア
使用燃費 レギュラー
エコカー減税 適合
燃費 32.0km/リットル
※JC08モード燃費の場合

オフロードもこなす小さなクロスオーバーSUV

動力性能 S-エネチャージを搭載したことにより、発進・加速性能がさらにスムーズとなり、爽快さが増している。
エンジンとCVTの相性も良好で低燃費に貢献。
操縦性 オフロードの走行を想定して地上高を上げているが、操縦安定性は削がれていない。
足まわりは剛性の高さを感じさせ、あらゆる状況で心地いい乗り味を実現。
実用性 車内には便利な収納が数多く備わっている。
汚れても拭き取れる素材を用いた荷物フロア、ラゲッジのアクセサリーソケットなどレジャーに適した機能が充実。
居住性 後席は左右のシートが独立して調整できる機構が備わりゆっくりと座れる。
悪路走行を想定して地上高を上げているが、乗り降りがしづらいと感じることはない。
運転のしやすさ  
このクルマのここがポイント 軽自動車に求められる基本性能が高い水準にあり、市街地走行をはじめとした日常的な用途での能力はバツグン。
そのうえ、「ビルディセントコントロール」や「グリップコントロール」といった海や山でのレジャーに適した機能をプラスしている。
個性を主張しながら、日常からレジャーまでオールマイティに使えるモデルだ。
こんなユーザーにおすすめ いかにも軽自動車というスタイルや能力よりも、普通の軽自動車とはひと味違う個性やパフォーマンスを重視するユーザーには魅力的な選択肢といえるだろう。
アウトドアユースに適した機能や装備が充実し、クルマを趣味の道具として使うにはうってつけ。
もちろん、それらの機能は毎日のドライブを強力にサポートしてくれるはずだ。

ラインナップ表

エンジン 駆動方式 トランスミッション グレード
0.66リットル直3DOHC FF/4WD 5速MT A
CVT
5速MT G
CVT
5速MT G(2トーンルーフ仕様車)
CVT G(2トーンルーフ仕様車)
X
X(2トーンルーフ仕様車)
0.66リットル直3DOHCターボ Gターボ
Gターボ(2トーンルーフ仕様車)
Xターボ

新車価格

グレード 価格(万円)
A 107万8920円
119万9880円
G(5速MT) 116万2080円
127万7640円
G(CVT) 127万3320円
139万6800円
G(2トーンルーフ仕様車/5速MT) 120万5280円
132万0840円
G(2トーンルーフ仕様車/CVT) 131万6520円
144万2880円
X 146万1240円
158万7600円
X(2トーンルーフ仕様車) 150万4440円
163万0800円
Gターボ 135万9720円
148万6080円
Gターボ(2トーンルーフ仕様車) 140万2920円
152万9280円
Xターボ 154万7640円
167万4000円

主要諸元

全長×全幅×全高 3395×1475×1665mm
ホイールベース 2425mm 
車両重量 790kg
乗車定員 4名
エンジン種類 直列3気筒DOHC
総排気量 658cc
最高出力 38kW(52ps)/6500rpm
最大トルク 63N・m(6.4kg-m)/4000rpm

説明

SUVテイストの軽自動車で、街乗りにもアクティブレジャーにも似合うユニークなモデル。
後席は左右独立してスライド&リクライニング機能が備わり、乗車人数に合わせた荷室の使い方が可能。
多少の汚れは気にせず荷物を積み込めるよう、荷室床面は汚れを落としやすい素材としており、SUVとしてレジャーに繰り出した際の使い勝手は高い。

G以上のCVT車にはターボを含めてマイルドハイブリッドシステムのS-エネチャージを搭載し、アイドリングストップからの静かな再始動と、FFノンターボモデルでは32km/リットルに達する燃費の良さも魅力となっている。

自動ブレーキはグレードによって異なり、xは歩行者検知型のデュアルカメラブレーキサポートを、GのCVT車にはレーダーブレーキサポートを標準装備する。

おすすめグレードは、G

Xより約30万円も安いが、S-エネチャージやキーレスプッシュスターター、運転席&助手席シートヒーターなどを装備してコスパに優れる。
自動ブレーキがXほど高機能でなくなり、内外装の加飾も省かれるが、2トーンルーフはGでも選べる。
またホイールはスチールになるが、ボディカラーによって白とガンメタになるなどデザイン性に優れるのも良い点。
Xと同じディスチャージヘッドライトは5.4万円でオプション設定される。

購入ガイド

好調な人気を維持しているが値引き条件は拡大傾向。
まずは資本の異なるスズキ系販売店同士の競合を進めよう。
さらにさらに年度末商戦期後半に動きが活発化しそうなフレアクロスオーバーとの競合も効果は高い。
キャストやピクシスジョイもぶつけていく。

人気グレードBest3

  1. J-スタイルⅡ(特別仕様者)
  2. Xターボ

人気ボディカラーBest3

  1. アクティブイエロー
  2. フェニックスレッド
  3. クールカーキ

車を売る時は無料一括査定

値引き金額

車を売るなら高く売りたいですよね?

私が昔乗っていた車を売った時、複数の車買取会社から査定を受けました。

車の無料一括査定(見積もり)

すると、一番高い会社と安い会社との査定額は600,000円もの差がありました。(同じ車なのに、ですよ!?)

かんたん車査定ガイドでは、最大10社からネットで簡単に一括査定を受けることができます。

手続きは1分で終わり、すぐに査定額が一番高い会社がわかります。

買い叩かれずに済むメリットも〇

もし新しい車に買い替えるなら、今乗っている車は下取りに出しますよね?

下取りに出す前に、あらかじめ下取り価格の相場を知っておくと、買い叩かれずに済むメリットもあります。

車の一括査定(見積もり)たった1分!
愛車の下取り最高額を知る(無料)

-見積もり額・値引き額の相場

Copyright© 一番安い自動車保険:人気おすすめランキング , 2017 AllRights Reserved.