自動車保険の値段は、等級・年齢・走行距離・事故有係数などから計算されるため、その人によって一番安い保険会社は変わります。あなたにとって一番安い自動車保険を見つけませんか?

一番安い自動車保険:人気おすすめランキング

【自動車保険の乗り換え・入れ替え】満期日や契約途中でのメリット・デメリットとは?

更新日:

自動車保険の乗り換え・入れ替え

「自動車保険の乗り換えって何? メリットやデメリットを知りたい」
「自動車保険の乗り換えの手続きは、何をすればいいの?」

この記事はそんな方へ書いています。

自動車保険のプロ:保子(やすこ)
はじめまして。
国内大手の自動車保険会社に勤務していた保子(やすこ)と申します。
自動車保険の専門家として働いていた経験を生かして、正確にわかりやすく解説します。

この記事では、「自動車保険の乗り換えとはどういうのもか?」「メリット・デメリットは?」「乗り換えの手続きや流れ」について書きました。

あなたの疑問解決の一助となれば幸いです。

 

自動車保険の乗り換えとは

自動車保険は、通常1年契約なので、1年後に満期がやってきます。

満期が近づくと、
・今の保険を更新するか
・新しい保険に乗り換えるか
を選択することになります。

自動車保険の乗り換えに迷う

保険を契約してから1年が近づいて来ると、保険会社から更新の連絡(書類や電話)が届きます。

もし現在加入している自動車保険よりも安くなったり、評判の良い保険があれば、満期日の前に新しい保険の契約を考えます。

自動車保険の乗り換えに迷う

新しい保険を契約すれば、現在の保険契約は満期日で終了となり、新しい保険がスタートします。

なお、新しい保険を契約するタイミングは満期日の直前でも構いませんが、通常は1か月前くらいには契約する人が多いようです。

ポイント

「自動車保険の会社を変えると、それまでの等級がなくなってしまう」という話を聞きますが、そんなことはありません。

無事故で1年が経過すれば等級は一つアップして、新しい自動車保険会社へと引き継がれます。ご安心ください。

自動車保険を乗り換えるメリットとデメリットは?

メリット

  • 保険料が安くなる
  • より高評価の保険会社を選ぶことが出来る
  • 現状の自分にぴったりのプランに変更できる

保険料が安くなる

携帯電話業界など、どの業界でもありがちですが、新規契約者には優しく、継続者には冷たくなっています。

自動車保険だと、まずインターネット割引
多くの会社の割引額は、初めての人は1万円割引ですが、継続の人は3千円割引。
この時点で7000円も差がついていますよね?

また、新規契約者キャンペーン・乗り換えキャンペーンとして、図書カードやギフトカードなどがもらえるキャンペーンがあります。
これらのキャンペーンは、継続者にはもちろん適用されません。

自動車保険を乗り換えないで継続するのは損

保険料で一番差がつくのが、去年と比べて一番安くなる保険会社が変わっているという点です。

一年経ったことで、運転する人の年齢、車の料率クラス、等級などが変わります。

それによって各保険会社で算出される保険料が

保険会社によって、保険料の計算方法が違います。
・年齢を重視するのか?
・車の経年劣化を重視するのか?
など。

それによって、去年はA社が一番安かったけど、今年はB社が一番安い…ということになるのです。

ほけんの窓口インズウェブなら、一度の入力で、複数の会社の見積もりを取ることができます。

つまり、あなたの条件で今年一番安くなる会社を瞬時に見つけることができるのです。

より高評価の保険会社を選ぶことが出来る

ずっと同じ保険会社で契約していると、他の会社について知る機会がありませんよね。

他の保険会社だったら、今の会社にないサービス(より充実した補償内容、ロードサービス)があるかもしれません。

とは言っても、よくわからないまま保険会社を変えて、失敗したくはありませんよね。

どうすればいいのでしょうか?

実は、第三者の立場で各保険会社を比較しているランキングがあります。

集計方法は、実際にその保険を契約している人からアンケートを取って、その評価の高い順でランキングにしているので公平です。

今契約している保険会社はどのくらい評価されているのか?
他の保険会社はどのくらい良いのか?

選ぶ参考になるのではないでしょうか。

現状の自分にぴったりのプランに変更できる

ずっと同じ保険会社で契約していると、去年の保険プランを見直さずに、そのまま同じ内容で契約更新をしてしまいがちです。

でも、それはムダに保険料を払っているかもしれません。

月日が経つごとに、運転する人の状況は変わっていきます。

・子供が成長して車を運転するようになったり、逆に独立して乗らなくなった。
・妻が乗るようになった、または乗らなくなった。
・友人が乗るようになった、または乗らなくなった。
など

「本人限定」「家族限定」など、運転する人を限定することで、保険料を何割引にもできます。

新しい保険会社に乗り換えようとすると、見積もりの時点で、あなたに最適の保険プランを設定してもらえます。

最適のプランに設定することでムダを省いて、より安くすることが期待できますね。

デメリット

  • 少し手間がかかる

少し手間がかかる

正直、あまりデメリットが浮かびません。

今の保険会社でも、新しい保険会社でも、自動車保険の契約を結ぶことに違いはありません。

新しい保険を探す手間はありますが、その分、
・今よりも安くなったり
・より高評価の保険会社に入れたり
・自分に最適なプランを見つけられる
などメリットの方が大きいためです。

たった5分!
保険料の無料一括見積もり

 

自動車保険の乗り換えタイミング

自動車保険を乗り換えるタイミングは、以下の2つがあります。
・満期日(契約更新時期)
・満期日前(契約期間中)の途中解約

満期日(契約更新時期)

自動車保険は1年契約であるため、毎年訪れる契約更新時期が自動車保険を乗り換えるタイミングです。

契約更新時期に自動車保険を乗り換えることで、ノンフリート等級を1つアップした上で、新しい保険会社と契約することができます。

また、前の保険の終了日(満期日)が、新しい保険の開始日となるため、保険の空白期間もできません。

満期日前(契約期間中)の途中解約

自動車保険の契約期間中であっても、
・今の保険料が高すぎる
・事故時の対応が悪かった
・他の保険会社の方がサービスが充実している
などの理由から、途中解約して、自動車保険を乗り換える人もいます。

途中解約しての乗り換え方法

まず新しく契約する保険会社を見つけます。

見つかれば、契約している保険会社に解約の連絡をします。

あとは、今契約している保険会社の解約日を、新しい保険会社の開始日に設定すれば、乗り換えは完了です。

途中解約すると損?解約金はかかるの?

自動車保険を途中で解約しても、解約金はかかりません。

しかし、「短期率」と言って解約払戻金(解約返戻金)が少なくなる制度があります。

自動車保険は1年契約で、契約開始時に1年分の料金を先払いします。
途中で解約すると、残りの期間のお金が戻ってくるシステムです。
解約金がない代わりに、その戻ってくるお金がすこし少なくなるのです。

途中解約した場合の例

年間10万円の自動車保険を、半年で解約するとします。

すると、残り半年分の5万円が返ってきそうですが、実際は4万円しか返ってきません。

「ちょっと損な日割り計算」というイメージです。

※お金がいくら返ってくるのかは「短期率」という割合で決まっています。
※これは各自動車保険会社によって異なり、保険会社の「約款」に記載されています。

自動車保険の乗り換え方法・解約手続き

まず、新しい保険会社を探します。
自動車保険は自動更新ではないため、今契約している保険は期限が過ぎれば契約は終了します。
あとは、今契約している自動車保険の満期日(=契約終了日)を、新しい保険の開始日に設定すれば完了です。

自動車保険の乗り換えで等級を引き継ぐには?

乗り換え先の保険会社に、「他社からの乗り換えです」と伝えてください。

そうすれば、前の保険会社で適用されていたノンフリート等級を、乗り換え先の新しい保険会社でも引き継ぐことができます。

(無事故なら、等級は1アップした状態で引き継がれます!)

自動車保険の乗り換えの必要書類

必要書類は以下の3点です。

・現在加入している自動車保険の保険証券
・車検証
・運転免許証

保険会社に提出する時も、現物ではなく、写し(コピー)で大丈夫です。

解約手続きはとても簡単

自動車保険は1年契約であり、自動更新されないため、1年経てば自動的に契約は終了します。
特にこちらから解約の連絡は必要ありません。
新しく乗り換える保険会社と契約手続きをすれば、OKです。

もし満期日(契約終了日)を待たずに自動車保険を乗り換えたい場合は、現在加入している保険会社に解約の連絡をする必要があります。

解約の意思を伝えると、書面(解約申込書)が送付されます。
必要事項を記入して返送すると、手続きは完了です。

保険料も、残り期間に応じて変換されます。
解約手続きはとても簡単です。

 

自動車保険 乗り換え 口コミ

自動車保険の乗り換えで、保険料が半額に!

自動車保険に詳しくなかったため、何年も同じ保険会社で契約を更新していました。

しかし、ある時友人から「えっ、保険料そんなに払っているの?」と驚かれました。

今はネットで検索できる時代。
試しに、今の自動車保険とまったく同じ内容で、他社の見積もりを取ってみると、なんと見積もり額は今の半分!!

友人に相談して、「今すぐ乗り換えたほうがいい」という話になりました。

結局、満期を待たずに途中解約しましたが、おかげで何万円も得をすることができました。

(30代、商社)

事故対応が最悪だったので、自動車保険を乗り換えました

車を買った時に、自動車保険も一緒に勧められたので、加入しました。

雨の日に事故を起こしてしまいましたが、保険会社の対応が最悪!

電話をしても「担当者が決まったら連絡します」と言われて数日も放置されました。

事故相手は担当者がすぐに決まったようで、担当者の連絡先を渡されました。
向こうのロードサービスもすぐに到着して、帰って行きました。

私は事故相手が帰った後も一人あたふた。

示談が終わると、すぐに途中解約して、評判のいい自動車保険に乗り換えました。

(20代、OL)

新車を買ったので自動車保険を乗り換えました

新車に買い換えたのを機に、新車に手厚いサービスがある自動車保険に乗り換えました。

注目したのはこの2点。
・新車特約
・新車割引

新車に乗り換えたばかりなのに、事故を起こしてしまったら困りますよね?
そんな時に頼りになるのが「新車特約(車両新価特約)」です。

車両保険を付けても、修理費は時価に対して計算されるため、新車の場合はお金が足りないことがほとんど。

しかし、新車特約なら、時価ではなく、新車購入時の価格に対して補償されるため、もらえる金額が違います。

もし新車を買ったり、買う予定があるなら、新車特約がある保険会社に乗り換えないと損ですよ?

(40代、会社員)

自動車保険を安くする方法は一括見積もりサービスで保険料を比較すること

-自動車保険を安くする方法

Copyright© 一番安い自動車保険:人気おすすめランキング , 2017 AllRights Reserved.