一番安い自動車保険:おすすめ比較ランキング

【元社員がわかりやすく解説】国内大手の損害保険会社に勤務!自動車保険のプロ「保子(やすこ)」がわかりやすく解説します!安い任意保険はどこ?保険会社を比較したおすすめランキングは必見!(信頼できる保険のプロが監修したサイトです)

【ホンダ・N-BOX】値引き額・新車価格の相場はいくら?-最安値を引き出す方法とは

更新日:

ホンダ・N-BOX

新車を購入するなら安く買いたいですよね?

新車は高いから手が出ない…
値引きしたいけど、新車って安くならないんでしょ?

確かに、「新車を安く買うのって難しそうだ…」と思ってしまいますよね?

しかし、今から説明する方法なら、値引き額を大きくアップさせて、安く新車を買うことができます。

以前、私が乗っていた車で、この方法を試しました。

その結果、当初提示された金額から値引き額がなんと60万円もアップしました!!

この「新車をとても安く購入できる方法」は、誰にでも実践できるので、ぜひ試してみください。

ホンダ・N-BOXの値引き額・相場

ホンダ・N-BOXの値引き額(相場)は、

7万~15万円(N-BOX/カスタム)
5万~13万円(N-BOX スポーツ)
5万~12万円(N-BOX スラッシュ)

となっています。

それでは、ここから更に安くする方法をご紹介します。

【必見】値引き額をアップする方法

値引き金額

方法1:ライバル車と競わせる

まず、ライバル車を調べます。

ライバル車とは、あなたが「買いたい!」と思っている車と、以下の特徴が似ているクルマです。

1、車の形状(ミニバン、セダン、SUVなど)
2、ボディサイズ
3、エンジンの排気量
4、価格

値引きで特に大切なポイントは・・・狙っている車よりも価格が少し安いライバル車を見つけること、です。

そうすることで、

「クルマとしては狙っている車の方が魅力的ですが、ライバル車の方が値段は魅力的なので、迷っているんです。」

という図式ができあがります。

これによって、あなたが本当に狙っている車の値下げ交渉に入れるのです。

Nボックスのライバル車

N-BOX/カスタム
・タント
・デイズルークス
・スペーシア

N-BOX スポーツ
・タント
・スペーシア
・デイルークス

N-BOX スラッシュ
・ムーヴキャンバス
・ハスラー

方法2:総額で攻める

実は、車には値引きできる箇所がいくつもあります。

・本体車両価格の値引き

・付属品の値引き

・ローン利用による値引き

などです。

しかし、これらは個々で攻めるよりも、「総額」で攻めた方が結果的に安くなります。

理由は、「本体車両価格」や「付属品の価格」などの個々では、値引きできる金額は大きくないからです。

具体的な攻め方としては、

現金一括なら「総額で250万円にならないかな?」

ローンを組むなら「月々2万円以内に収めたい」

といった具合で伝えてください。

もちろん、それが多少無理な数字になるのはお約束!

でも、営業マンは個々で攻められるよりも、大枠で攻められる方が条件をいじりやすいのです。

こちらから総額を提案すれば、営業マンが「じゃあ、ドコとドコを値引きすれば、その金額にできるか?」をすべて計算してくれるのです。

方法3:下取り価格を上げる

(※実は値引きをする上で、ここが一番大切です。)

新車を買う時、現在あなたが乗っている車を、新車を買うお店にそのまま下取りに出してはいけません

他の買取店などで見積もりを取ってもらって、車の下取り価格を競合させましょう。

実は、買取査定というのはとてもピンキリで、最大で60万円くらいの差がでることもあるからです。

車の無料一括査定(見積もり)

新車を買ったときに、もし買取相場を知らずにディーラーに下取りを任せてしまうと、大損することもあるのです!!

「事前に、他の買取店で見積もりを取ったほうが良いのはわかったけど、なんだかめんどくさいな…」

でも、そういう方には、「かんたん車査定ガイド」というネットで査定できるサービスがあります。

無料で複数の会社から査定してもらえるので、わざわざ店に行かなくても愛車の最高値相場が、すぐにわかります。

最高額のところに売るのもOKですし、査定するだけでももちろんOKです。

所要時間は、たったの1分弱

これなら、忙しくても大丈夫ですよね?

最近の新車は、車両本体価格からの値引き余力は、非常に少なくなっています。

そのため、営業マンも車両本体値引きについてはそれほど駆け引きせずに、初回からいきなり限界値に近い条件を提示してきます。

つまり、粘っても値引き額が拡大するレベルのは、たかがしれているのです。

そこでおすすめしたいのが、下取り金額を上げることなのです。

私の例ですが、当初は

本体値引き10万、下取り30万円

と言われていました。

しかし、事前に下取り専門店(かんたん車査定ガイド)で愛車の最高額を調べていたおかげで、下取り額を上げることができ、全体的な値引き額のアップにつながりました。

値引き額をアップする方法でも説明した「ライバル車と競わせる」方法も使った結果、

最終的には、

本体値引き20万、下取り80万円

になりました。

値引き額で10万円ですが、下取り額では50万円もアップしています。

合計で60万円値引き額アップを実現しました。

特に下取り額の50万円アップは、わずか1分弱でできたのです。

わずか1分弱で、値引き額をアップさせますか?

それとも値引きを諦めてしまいますか?

たった1分!
愛車の下取り最高額を知る(無料)

(補足)ホンダ・N-BOX 基本情報/新車価格

Nボックス/カスタム

ホンダ・N-BOX

革新的なプラットフォームを採用することで軽自動車の概念を覆す広さや快適さ、経済性を実現。
標準車のほかスタイリッシュなカスタムもラインナップ。

基本情報

乗車定員 5名
ドア数 4ドア
使用燃費 レギュラー
エコカー減税 適合
燃費 25.6km/リットル
※JC08モード燃費の場合

スモールカーの概念を覆した使えるミニ・ミニバン

動力性能 発進や加速時といったエンジンに負荷がかかる場面で車重の重さを感じるものの、速度が乗ってしまえば気にならない。
動力性能と燃費のバランスが良好だ。
操縦性 ホイールベースを長めに設定し、サスペンションの特性を最適化することでステアリング操作に対して正確な反応を示す。
快適な乗り心地もセールスポイント。
実用性 リヤシートはダイブダウン、チップアップに加え、前後スライド機構も備わった。
センタータンクレイアウトが功を奏して多彩なアレンジがカンタンに行える。
居住性 フロアを低く設定し、スライドドアの開口部を大きくしたことでお年寄りや子供でも乗り降りがしやすい。
走行中の振動やノイズが巧みに抑えられている。
運転のしやすさ 着座位置が適切で車両の周囲が把握しやすい。
フロントピラーの形状を細かくした上に、ウィンドウの面積を大きくすることで死角を減らし、安心感を高めた。
このクルマのここがポイント ミニバン的だと感じさせる要素に、多彩なシートアレンジが挙げられる。
とくに後席はワンタッチで前方へ倒れる上に、座面が跳ね上げられるチップアップ機構を備える。
低床フロアを採用することで実現した広大な室内空間を活かすための機能は、実用面でN-BOXの優位性となっており、「これ1台で十分」と思わせる要因でもある。
こんなユーザーにおすすめ ホンダ独自のセンタータンクレイアウトにより、低床フロアを実現している。
室内高は1400mmとなり、子供なら立ったまま着替えができる。
このスペースを活かすべく、合理的なシートアレンジやチップアップシートなどの工夫を盛り込むことでさまざまなニーズに対応。
とくに家族のファーストカーとして選ぶなら最良の選択と言える。

ラインナップ表

エンジン 駆動方式 トランスミッション グレード
0.66リットル直3DOHC FF/4WD CVT G
G Lパッケージ
G Lパッケージ(ツートーンスタイル)
0.66リットル直3DOHCターボ G ターボLパッケージ
G ターボLパッケージ(ツートーンスタイル)
0.66リットル直3DOHC カスタムG
カスタムG Lパッケージ
カスタムG Lパッケージ(ツートーンスタイル)
0.66リットル直3DOHCターボ カスタムG ターボLパッケージ
カスタムG ターボLパッケージ(ツートーンスタイル)

新車価格

グレード 価格(万円)
G 134万円
147万円
G Lパッケージ 144万円
157万円
G Lパッケージ(ツートーンスタイル) 149万9400円
162万9400円
G ターボLパッケージ 154万円
167万円
G ターボLパッケージ(ツートーンスタイル) 159万9400円
172万9400円
カスタムG 154万円
167万円
カスタムG Lパッケージ 163万円
176万円
カスタムG Lパッケージ(ツートーンスタイル) 168万9400円
181万9400円
カスタムG ターボLパッケージ 174万円
187万円
カスタムG ターボLパッケージ(ツートーンスタイル) 179万9400円
192万9400円

主要諸元

全長×全幅×全高 3395×1475×1780mm
ホイールベース 2520mm 
車両重量 950kg
乗車定員 4名
エンジン種類 直列3気筒DOHC
総排気量 658cc
最高出力 43kW(58ps)/7300rpm
最大トルク 65N・m(6.6kg-m)/4700rpm

説明

ホンダのNシリーズ第1弾として登場した、エクストラハイルーフ軽ワゴン。
車内の圧倒的な広さが特長で、燃料タンクを後席下部に収めたことによって前席も後席も驚くほど広い。
標準状態では後席後ろの荷室空間は狭いが、後席座面を跳ね上げ、空いた空間を荷室として使える仕組みを持つ。
普通に後席背もたれを倒すだけでも、座面も一緒に低く下がるため、床面の傾きがさほど大きくない。
内装の質感はいまだに高いレベル。

後席スライド機構は、シートバックテーブルとセットでG・Lパッケージ以上にオプション設定。
左右別に190mmスライドが可能なので、後席足下がやや狭くなる代わりに荷室スペース を大きくするという、ライバル車同様の使い勝手も可能だ。
360度スーパーUVカットガラスはG・Lパッケージ以上に標準装備。

おすすめグレードは、G Lパッケージ

Nシリーズで共通するお買い得グレードがG Lパッケージ。
Nボックスではこのグレード以上で助手席側パワースライドドアや360度スーパーUV・IRカットパッケージ、ETC車載器などが標準装備される。
Gに対して10万円のアップは割安といえ、後席スライドやHIDランプがオプション設定されるのもこのグレード以上。
快適性を重視するなら妥当な選択となる。

購入ガイド

モデルチェンジ時期が遅れているようだが、末期モデルであることに変わりはない。
本体値引きはかなり拡大している。
資本の異なる複数のホンダカーズ店同士の競合は欠かせない。
さらにタント、デイズルークス、スペーシアとのライバル車競合も当然行うべき。

人気ボディカラーBest3

プ レミアムホワイトパールⅡ
クリスタルブラックパール
ブリティッシュグリーンパール

Nボックスプラス/カスタム

N-BOXプラス/カスタム

N-BOXの派生モデルで、レジャーユースに適した機能や装備をふんだんに盛り込んだ。
まさに趣味の道具としてもうってつけのクルマだ。
荷物が載せやすく、車中泊もできる。

基本情報

乗車定員 4名
ドア数 5ドア
使用燃費 レギュラー
エコカー減税 適合
燃費 24.4km/リットル
※JC08モード燃費の場合

荷物が載せやすく、車中泊もできる

動力性能 NAとターボともトルクコンバーター付きのCVTが組み合わされる。
ECONモードなど、エンジン消費を抑える機能も備わっている。
操縦性 ホンダ独創の低床・低重心パッケージを採用したことによって重心が高いにも関わらず走りに影響が少ない。
乗り心地も良い。
実用性 マルチボードなど別売りのアイテムを利用することで使い方の幅を広げられえる。
実用性に特化し、使い勝手はN-BOX以上となる。
居住性 後席は足もとや頭上空間にゆとりがあり、大人4名乗車でもすこぶる快適だ。
長時間のドライブでも疲労感が少なくて済む。
運転のしやすさ フロントウィンドウの面積が大きく前方視界も開けている。
サイドビューサポートミラーなどN-BOXで好評を博した装備を継承。
このクルマのここがポイント 荷室の後端がスロープになって後方へ下がっているのが特徴的な部分。
フロアが低く設定され、重い荷物が積み込みやすくなっている。
こんなユーザーにおすすめ 室内の広さをさまざまな用途に使用できるよう、ユーティリティ性能をさらに高めている。
クルマを趣味の道具として選ぶ人に最適だ。

ラインナップ表

エンジン 駆動方式 トランスミッション グレード
0.66リットル直3DOHC FF/4WD CVT G
G Lパッケージ
G Lパッケージ(ツートーンスタイル)
0.66リットル直3DOHCターボ G ターボLパッケージ
G ターボLパッケージ(ツートーンスタイル)
0.66リットル直3DOHC カスタムG
カスタムG Lパッケージ
カスタムG Lパッケージ(ツートーンスタイル)
0.66リットル直3DOHCターボ カスタムG ターボLパッケージ
カスタムG ターボLパッケージ(ツートーンスタイル)

新車価格

グレード 価格(万円)
G 134万円
147万円
G Lパッケージ 144万円
157万円
G Lパッケージ(ツートーンスタイル) 149万9400円
162万9400円
G ターボLパッケージ 154万円
167万円
G ターボLパッケージ(ツートーンスタイル) 159万9400円
172万9400円
カスタムG 154万円
167万円
カスタムG Lパッケージ 163万円
176万円
カスタムG Lパッケージ(ツートーンスタイル) 168万9400円
181万9400円
カスタムG ターボLパッケージ 174万円
187万円
カスタムG ターボLパッケージ(ツートーンスタイル) 179万9400円
192万9400円

主要諸元

全長×全幅×全高 3395×1475×1780mm
ホイールベース 2520mm 
車両重量 990kg
最小回転半径 4.5m
エンジン種類 直列3気筒DOHC
総排気量 658cc
最高出力 43kW(58ps)/7300rpm
最大トルク 65N・m(6.6kg-m)/4700rpm

説明

車いすの積載を開発段階から加味して作られ、Nボックスの荷室の積載能力を向上させた派生モデル。
Nボックスより荷室を下げ、後席の取り付け位置も前方に寄せて広い荷室容量を確保。
スロープを使ったり荷室ボードを変化させたりすることで、幅広いシーンに対応する。

おすすめグレードは、GLパッケージ

Nシリーズに共通する量販グレードが半数近い支持を受ける。
10万円安いGではパワースライドドア がつけられていないのが判断ポイント。
ロールサンシェイドや360度UV・IRカットパッケージもLパッケージ以上の装備。
なお、プラスは後席スライド機構が未設定。

購入ガイド

末期モデルなので、この年末商戦期は値引き条件のさらなる拡大が期待できる。
異資本ホンダカーズ店同士の競合をベースに、タント、スペーシア、デイルークスとも競合を展開。

人気ボディカラーBest3

プレミアムホワイトパールⅡ
クリスタルブラックパール
ブリティッシュグリーンパール

Nボックススラッシュ

ホンダ・Nボックススラッシュ

N-BOXの派生モデルだが、クーペのように見える独創的なフォルムとし、さらにカスタムテイストを盛り込むなど遊び心に溢れたモデルだ。

基本情報

乗車定員 4名
ドア数 5ドア
使用燃費 レギュラー
エコカー減税 適合
燃費 25.8km/リットル
※JC08モード燃費の場合

遊び心満点の装備で独自の世界観を表現

動力性能 日常的な場面で使用頻度が高い50km/hまでの加速性能にこだわった特性。
スムーズなフィーリングにより扱いやすい。
操縦性 N-BOXよりも全高を100mm低く設定し、重心位置が下げられている。
そのため操縦性と乗り心地の両立が図られた。
実用性 個性を表現するべくデザイン優先に思えるが、便利な収納スペースが適所に備わる。
荷室スペースも広く使い勝手は良好。
居住性 ルーフが後端に向かって傾斜しているが、乗降性には影響しない。
室内の広さはN-BOX譲りなのでゆったりと快適だ。
運転のしやすさ スタイルを重視したデザインのため運転視界が狭い。
斜め後方は太めのピラーも影響して目視での確認が容易ではない。
このクルマのここがポイント 全高を低く見せるためにピラーの一部を水平に切り落としてルーフをくっつけたような、いわゆるチョップドルーフとしているのがこのクルマの見どころ。
大胆なスタイルに仕上げることによって、ユニークなキャラクターを前面に押し出している。
こんなユーザーにおすすめ ルーフモールやリヤピラーガーニッシュ、フューエルリッドなど外装の要所に金属調の加飾を施すことでプレミアム感が演出されている。
軽自動車クラスによくある、カスタム系グレードよりもさらに個性を主張したいユーザーにおすすめの1台だ。

ラインナップ表

エンジン 駆動方式 トランスミッション グレード
0.66リットル直3DOHC FF/4WD CVT G
G Lパッケージ
G Lインテリアカラーパッケージ
X
0.66リットル直3DOHCターボ G ターボLパッケージ
X ターボLパッケージ
X ターボインテリアカラーパッケージ

新車価格

グレード 価格(万円)
G 132万円
145万円
G Lパッケージ 136万円
149万円
G Lインテリアカラーパッケージ 147万円
160万円
X 160万円
173万円
G ターボLパッケージ 157万5000円
170万5000円
X ターボLパッケージ 171万円
184万円
X ターボインテリアカラーパッケージ 158万円
171万円

主要諸元

全長×全幅×全高 3395×1475×1670mm
ホイールベース 2520mm 
車両重量 920kg
最小回転半径 4.5m
エンジン種類 直列3気筒DOHC
総排気量 658cc
最高出力 43kW(58ps)/7300rpm
最大トルク 65N・m(6.6kg-m)/4700rpm

説明

Nシリ ーズ第5弾で、スライリングを重視したクープ的ハイトワゴン。
Nボックスのルーフを低くして、リヤドアをスライド式からヒンジ式に変更。
後席には前後スライド機構を備えるなど大幅な変更が加わる。
オプションで選べるインテリアが豊富で、電子制御パーキングブレーキを全車に採用する。

 

おすすめグレードは、G Lインテリアカラーパッケージ

もともと上級グレードのXにオプション設定されたスペシャルインテリアを、GLパッケージに標準装備したコミコミグレード。
その不ン、ステアリングヒーターなどの快適装備は省かれるが、軽自動車では珍しい電子制御パーキングブレーキは、ちゃんと全車に標準装備する。

購入ガイド

資本の異なるホンダカーズ店同士の競合が商談のメイン。
在庫車同士の競合に持ち込めば値引き拡大も順調に進む。
個性的なムーヴキャンバスやハスラーとの競合を仕掛ける。

人気ボディカラーBest3

クリスタルブラックパール
アッシュグリーンメタリック
サーフブルー

車を売る時は無料一括査定

値引き金額

車を売るなら高く売りたいですよね?

私が昔乗っていた車を売った時、複数の車買取会社から査定を受けました。

車の無料一括査定(見積もり)

すると、一番高い会社と安い会社との査定額は600,000円もの差がありました。(同じ車なのに、ですよ!?)

かんたん車査定ガイドでは、最大10社からネットで簡単に一括査定を受けることができます。

手続きは1分で終わり、すぐに査定額が一番高い会社がわかります。

買い叩かれずに済むメリットも〇

もし新しい車に買い替えるなら、今乗っている車は下取りに出しますよね?

下取りに出す前に、あらかじめ下取り価格の相場を知っておくと、買い叩かれずに済むメリットもあります。

車の一括査定(見積もり)たった1分!
愛車の下取り最高額を知る(無料)

-見積もり額・値引き額の相場

Copyright© 一番安い自動車保険:おすすめ比較ランキング , 2018 All Rights Reserved.