一番安い自動車保険:おすすめ比較ランキング

【元社員がわかりやすく解説】国内大手の損害保険会社に勤務!自動車保険のプロ「保子(やすこ)」がわかりやすく解説します!安い任意保険はどこ?保険会社を比較したおすすめランキングは必見!(信頼できる保険のプロが監修したサイトです)

【トヨタ・プリウス】値引き額・新車価格の相場はいくら?-最安値を引き出す方法とは

更新日:

トヨタ・プリウス

トヨタ・プリウス

新車を購入するなら安く買いたいですよね?

新車は高いから手が出ない…
値引きしたいけど、新車って安くならないんでしょ?

確かに、「新車を安く買うのって難しそうだ…」と思ってしまいますよね?

しかし、今から説明する方法なら、値引き額を大きくアップさせて、安く新車を買うことができます。

以前、私が乗っていた車で、この方法を試しました。

その結果、当初提示された金額から値引き額がなんと60万円もアップしました!!

この「新車をとても安く購入できる方法」は、誰にでも実践できるので、ぜひ試してみください。

トヨタ・プリウスの値引き額・相場

トヨタ・プリウスの値引き額(相場)は、

7万~18万円

となっています。

それでは、ここから更に安くする方法をご紹介します。

【必見】値引き額をアップする方法

値引き金額

方法1:ライバル車と競わせる

まず、ライバル車を調べます。

ライバル車とは、あなたが「買いたい!」と思っている車と、以下の特徴が似ているクルマです。

1、車の形状(ミニバン、セダン、SUVなど)
2、ボディサイズ
3、エンジンの排気量
4、価格

値引きで特に大切なポイントは・・・狙っている車よりも価格が少し安いライバル車を見つけること、です。

そうすることで、

「クルマとしては狙っている車の方が魅力的ですが、ライバル車の方が値段は魅力的なので、迷っているんです。」

という図式ができあがります。

これによって、あなたが本当に狙っている車の値下げ交渉に入れるのです。

トヨタ・プリウスのライバル車

・アクセラディーゼル

方法2:総額で攻める

実は、車には値引きできる箇所がいくつもあります。

・本体車両価格の値引き

・付属品の値引き

・ローン利用による値引き

などです。

しかし、これらは個々で攻めるよりも、「総額」で攻めた方が結果的に安くなります。

理由は、「本体車両価格」や「付属品の価格」などの個々では、値引きできる金額は大きくないからです。

具体的な攻め方としては、

現金一括なら「総額で250万円にならないかな?」

ローンを組むなら「月々2万円以内に収めたい」

といった具合で伝えてください。

もちろん、それが多少無理な数字になるのはお約束!

でも、営業マンは個々で攻められるよりも、大枠で攻められる方が条件をいじりやすいのです。

こちらから総額を提案すれば、営業マンが「じゃあ、ドコとドコを値引きすれば、その金額にできるか?」をすべて計算してくれるのです。

方法3:下取り価格を上げる

(※実は値引きをする上で、ここが一番大切です。)

新車を買う時、現在あなたが乗っている車を、新車を買うお店にそのまま下取りに出してはいけません

他の買取店などで見積もりを取ってもらって、車の下取り価格を競合させましょう。

実は、買取査定というのはとてもピンキリで、最大で60万円くらいの差がでることもあるからです。

車の無料一括査定(見積もり)

新車を買ったときに、もし買取相場を知らずにディーラーに下取りを任せてしまうと、大損することもあるのです!!

「事前に、他の買取店で見積もりを取ったほうが良いのはわかったけど、なんだかめんどくさいな…」

でも、そういう方には、「かんたん車査定ガイド」というネットで査定できるサービスがあります。

無料で複数の会社から査定してもらえるので、わざわざ店に行かなくても愛車の最高値相場が、すぐにわかります。

最高額のところに売るのもOKですし、査定するだけでももちろんOKです。

所要時間は、たったの1分弱

これなら、忙しくても大丈夫ですよね?

最近の新車は、車両本体価格からの値引き余力は、非常に少なくなっています。

そのため、営業マンも車両本体値引きについてはそれほど駆け引きせずに、初回からいきなり限界値に近い条件を提示してきます。

つまり、粘っても値引き額が拡大するレベルのは、たかがしれているのです。

そこでおすすめしたいのが、下取り金額を上げることなのです。

私の例ですが、当初は

本体値引き10万、下取り30万円

と言われていました。

しかし、事前に下取り専門店(かんたん車査定ガイド)で愛車の最高額を調べていたおかげで、下取り額を上げることができ、全体的な値引き額のアップにつながりました。

値引き額をアップする方法でも説明した「ライバル車と競わせる」方法も使った結果、

最終的には、

本体値引き20万、下取り80万円

になりました。

値引き額で10万円ですが、下取り額では50万円もアップしています。

合計で60万円値引き額アップを実現しました。

特に下取り額の50万円アップは、わずか1分弱でできたのです。

わずか1分弱で、値引き額をアップさせますか?

それとも値引きを諦めてしまいますか?

たった1分!
愛車の下取り最高額を知る(無料)

 

(補足)トヨタ・プリウスってどんなクルマ?

トヨタ・プリウス

トヨタ・プリウス

4代目にフルモデルチェンジして燃費、環境性能、さらには走りの性能にも磨きをかけている。

プリウス初の4WD仕様が設定されたのもトピックだ。

エンジンやモーターなど要となるパーツを改良し、燃費と走りを高い次元で両立。

Eグレードは40.8km/リットルという低燃費を実現する。

基本情報

乗車定員 5名
ドア数 5ドア
使用燃費 レギュラー
エコカー減税 適合
燃費 37.2km/リットル
※グレードAの場合

誰でも低燃費走行が可能で、経済的な優位性は抜群

動力性能 エンジン、モーターともに進化を遂げており、出力をスムーズに引き出している。
発進・加速は非常になめらかでパワフル。
操縦性 低重量化とボディ剛性の向上により、ドライバーの意図した通りの走りを実現している。
乗り心地も改善され、前席だけでなく後席でも快適にドライブできる。
実用性 居住空間の拡大は、荷室容量にも好影響を及ぼしている。
6対4分割可倒式シートによって多彩な用途に対応。
床下のサブトランクもユーティリティが高い。
居住性 ハイブリットシステムを小型化し、さらにハイブリッドバッテリーを後席下に搭載することで室内にはゆとりを確保。
着座ポイントが低く、頭上空間も十分。
運転のしやすさ エンジンフードの後端を62mm低くすることによって前方が開け、スッキリ広々とした視界を確保。
空力特性を考慮したフォルムだが、後方視界も良好。
このクルマのここがポイント プリウスの魅力は圧倒的な燃費性能だが、ガソリン代の節約だけを求めるならアクアやPHVという選択肢もある。
現行型プリウスは、燃費以外の付加価値を追求し、低重心化やシステムの小型化といった改善によって、走りの面で大きな進化を遂げている。
燃費性能だけでなく、動力性能、足まわりともに高い評価を与えられるモデルといえるだろう。
こんなユーザーにおすすめ 低燃費をウリにするモデルなので、燃料代の節約など経済面でのデメリットを求めるユーザーから支持されている。
これまでなら燃費以外の能力で我慢を強いられる部分もあったが、現行型は燃費を追求したがゆえにトレードオフされた性能があまり見当たらない。
先述した走りだけでなく、居住性や実用性についても不満を感じることはないだろう。

ラインナップ表

エンジン 駆動方式 トランスミッション グレード
1.8リットル直4
DOHC+モーター
FF CVT E
FF/4WD S
Sツーリングセレクション
A
Aツーリングセレクション
Aプレミアム 
Aプレミアム ツーリングセレクション

新車価格(グレード別)

グレード 新車価格(万円)
E 242万9018円
S 247万9091円
267万3491円
Sツーリングセレクション 262万8327円
282万2727円
A 277万7563円
297万1963円
Aツーリングセレクション  292万6800円
312万1200円
Aプレミアム  310万7455円
330万1855円
Aプレミアム ツーリングセレクション  319万9745円
339万4145円

主要諸元

全長×全幅×全高 4540×1760×1470mm
ホイールベース 2700mm 
車両重量 1360kg
乗車定員 5名
エンジン種類 直列4気筒DOHC+モーター
総排気量 1797cc
最高出力 72kW(98ps)/5200rpm
最大トルク 142N・m(14.5kg-m)/3600rpm

説明

4代目となるハイブリッドカーの代名詞。1800cc+モーターのユニットは全面的に改良され、燃費仕様のEは40.8km/リットル、メイングレードもFFで37.2km/リットルと高い水準を誇る。

ボディ剛性アップやリヤにダブルウィッシュボーン式サスペンションを採用するなどして、走行性能とともに乗り心地を向上させ、クルマとしての昨日性能を磨き上げたのも現行型のアピールポイント。
各グレードに設定されるツーリングセレクションはその傾向が強い。

内装デザインも先進的で、クールグレーと呼ぶ白に近い内装色を設定。
4.2インチTFTモニターを横に並べたセンターメーターにさまざまな情報を表示し、Aグレード以上はカラーヘッドアップディスプレイも装備する。
ただしパーキングブレーキは旧態依然とした足踏み式だ。

おすすめグレードは、S

Sは自動ブレーキなどの先進安全装置をオプションとした量販グレードで、それらを標準装備するAはセンターコンソールに白い加飾が入る。
それ以外にもヘッドアップディスプレイやフロントドアガラスの高機能化、オートワイパーなどが省かれるが、価格差が約30万円というのは大きい。
Sで自動ブレーキが欲しいだけなら、特別仕様車のSセーフティパッケージは装備の充実度と価格のバランスが取れている。

購入ガイド

トヨタ店、トヨペット店、カローラ店、ネッツ店での同士競合が商談の中心で、これだけでも十分。
アクセラディーゼルとも競合させて様子を伺おう。

人気グレードBest3

  1. S
  2. A
  3. Sツーリングセレクション

人気ボディカラーBest3

  1. ホワイトパールクリスタルシャイン
  2. アティチュードブラックマイカ
  3. スティールブロンドメタリック

車を売る時は無料一括査定

値引き金額

車を売るなら高く売りたいですよね?

私が昔乗っていた車を売った時、複数の車買取会社から査定を受けました。

車の無料一括査定(見積もり)

すると、一番高い会社と安い会社との査定額は600,000円もの差がありました。(同じ車なのに、ですよ!?)

かんたん車査定ガイドでは、最大10社からネットで簡単に一括査定を受けることができます。

手続きは1分で終わり、すぐに査定額が一番高い会社がわかります。

買い叩かれずに済むメリットも〇

もし新しい車に買い替えるなら、今乗っている車は下取りに出しますよね?

下取りに出す前に、あらかじめ下取り価格の相場を知っておくと、買い叩かれずに済むメリットもあります。

車の一括査定(見積もり)たった1分!
愛車の下取り最高額を知る(無料)

 

-見積もり額・値引き額の相場

テキストのコピーはできません。

Copyright© 一番安い自動車保険:おすすめ比較ランキング , 2018 All Rights Reserved.