一番安い自動車保険:おすすめ比較ランキング

【元社員がわかりやすく解説します】安い自動車保険はどこ?保険会社を比較してランキング形式でご紹介!

【ダイハツ・ウェイク】値引き額・新車価格の相場はいくら?-最安値を引き出す方法とは

更新日:

ダイハツ・ウェイク

新車を購入するなら安く買いたいですよね?

新車は高いから手が出ない…
値引きしたいけど、新車って安くならないんでしょ?

確かに、「新車を安く買うのって難しそうだ…」と思ってしまいますよね?

しかし、今から説明する方法なら、値引き額を大きくアップさせて、安く新車を買うことができます。

以前、私が乗っていた車で、この方法を試しました。

その結果、当初提示された金額から値引き額がなんと60万円もアップしました!!

この「新車をとても安く購入できる方法」は、誰にでも実践できるので、ぜひ試してみください。

ダイハツ・ウェイクの値引き額・相場

ダイハツ・ウェイクの値引き額(相場)は、

5万~13万円

となっています。

それでは、ここから更に安くする方法をご紹介します。

【必見】値引き額をアップする方法

値引き金額

方法1:ライバル車と競わせる

まず、ライバル車を調べます。

ライバル車とは、あなたが「買いたい!」と思っている車と、以下の特徴が似ているクルマです。

1、車の形状(ミニバン、セダン、SUVなど)
2、ボディサイズ
3、エンジンの排気量
4、価格

値引きで特に大切なポイントは・・・狙っている車よりも価格が少し安いライバル車を見つけること、です。

そうすることで、

「クルマとしては狙っている車の方が魅力的ですが、ライバル車の方が値段は魅力的なので、迷っているんです。」

という図式ができあがります。

これによって、あなたが本当に狙っている車の値下げ交渉に入れるのです。

ダイハツ・ウェイクのライバル車

・ピクシスメガ
・Nボックス
・デイズルークス

方法2:総額で攻める

実は、車には値引きできる箇所がいくつもあります。

・本体車両価格の値引き

・付属品の値引き

・ローン利用による値引き

などです。

しかし、これらは個々で攻めるよりも、「総額」で攻めた方が結果的に安くなります。

理由は、「本体車両価格」や「付属品の価格」などの個々では、値引きできる金額は大きくないからです。

具体的な攻め方としては、

現金一括なら「総額で250万円にならないかな?」

ローンを組むなら「月々2万円以内に収めたい」

といった具合で伝えてください。

もちろん、それが多少無理な数字になるのはお約束!

でも、営業マンは個々で攻められるよりも、大枠で攻められる方が条件をいじりやすいのです。

こちらから総額を提案すれば、営業マンが「じゃあ、ドコとドコを値引きすれば、その金額にできるか?」をすべて計算してくれるのです。

方法3:下取り価格を上げる

(※実は値引きをする上で、ここが一番大切です。)

新車を買う時、現在あなたが乗っている車を、新車を買うお店にそのまま下取りに出してはいけません

他の買取店などで見積もりを取ってもらって、車の下取り価格を競合させましょう。

実は、買取査定というのはとてもピンキリで、最大で60万円くらいの差がでることもあるからです。

車の無料一括査定(見積もり)

新車を買ったときに、もし買取相場を知らずにディーラーに下取りを任せてしまうと、大損することもあるのです!!

「事前に、他の買取店で見積もりを取ったほうが良いのはわかったけど、なんだかめんどくさいな…」

でも、そういう方には、「かんたん車査定ガイド」というネットで査定できるサービスがあります。

無料で複数の会社から査定してもらえるので、わざわざ店に行かなくても愛車の最高値相場が、すぐにわかります。

最高額のところに売るのもOKですし、査定するだけでももちろんOKです。

所要時間は、たったの1分弱

これなら、忙しくても大丈夫ですよね?

最近の新車は、車両本体価格からの値引き余力は、非常に少なくなっています。

そのため、営業マンも車両本体値引きについてはそれほど駆け引きせずに、初回からいきなり限界値に近い条件を提示してきます。

つまり、粘っても値引き額が拡大するレベルのは、たかがしれているのです。

そこでおすすめしたいのが、下取り金額を上げることなのです。

私の例ですが、当初は

本体値引き10万、下取り30万円

と言われていました。

しかし、事前に下取り専門店(かんたん車査定ガイド)で愛車の最高額を調べていたおかげで、下取り額を上げることができ、全体的な値引き額のアップにつながりました。

値引き額をアップする方法でも説明した「ライバル車と競わせる」方法も使った結果、

最終的には、

本体値引き20万、下取り80万円

になりました。

値引き額で10万円ですが、下取り額では50万円もアップしています。

合計で60万円値引き額アップを実現しました。

特に下取り額の50万円アップは、わずか1分弱でできたのです。

わずか1分弱で、値引き額をアップさせますか?

それとも値引きを諦めてしまいますか?

たった1分!
愛車の下取り最高額を知る(無料)

(補足)ダイハツ・ウェイクってどんなクルマ?

ダイハツ・ウェイク

レジャー人口が多い6つのジャンルの専門家とコミュニケーションを図りながら開発されている。
日常はもちろん趣味も協力にサポートしてくれる。

基本情報

乗車定員 4名
ドア数 5ドア
使用燃費 レギュラー
エコカー減税 適合
燃費 25.4km/リットル
※JC08モード燃費の場合

アクティブな遊びを思いっきり楽しめる機能が満載

動力性能 ボディサイズや装備内容の充実によって車重がかさむことを想定し、パワーユニット全体の効率化が図られている。
それでも加速時に若干のもたつきがある。
操縦性 足まわりはウレタンバンプスプリングの採用やスタビライザーを装備して車体の傾きを抑制し、1800mmを超える全高のわりに操縦安定性は削がれていない。
実用性 シート表皮はすべて撥水加工されている。
リヤシートのラゲッジ側は防水仕様となっているため、濡れた荷物も気にせず積載できるなど思う存分使い倒せる。
居住性 スライドドアの開口幅は1286mmで、フロアの低さと相まって乗り降りがしやすい。
フォルムからも想像できる通り、室内の広さと快適性は申し分ない。
運転のしやすさ 着座位置が高く設定されており、まるでミニバンをドライブしているような感覚が味わえる。
遠くまで見渡せ、クルマ周辺が把握できるので安心感が高い。
このクルマのここがポイント 個性的なスタイルを除けば、実用性を追求した軽ワンボックスのような特徴を持つ。
後席への乗り降りがしやすいとか、運転席からの見晴らしが良いといったウェイクのセールスポイントは、日常的な用途でも有効で、購入を後押しする要素になりえるはずだ。
動力性能や足まわりといった走りの部分で感じる弱点を補って余りある魅力といえる。
こんなユーザーにおすすめ 室内の広さは見た目からも想像できるが、実際に車に触れてみると思った以上に広く、快適で使い勝手が良いことを実感できる。
レジャーユースを想定した機能が数多く備わっており、さらにオプションを加えてバージョンアップできるのも魅力。
釣り、キャンプ、サーフィン、ウィンタースポーツなど、アクティブな趣味をもつ人には重宝するクルマだ。

ラインナップ表

エンジン 駆動方式 トランスミッション グレード
0.66リットル直3DOHC FF CVT D
FF/4WD D "SAⅡ"
L "レジャーエディションSAⅡ"
L "SAⅡ"
0.66リットル直3DOHCターボ Gターボ "レジャーエディションSAⅡ"
Gターボ "SAⅡ"

新車価格

グレード 価格(万円)
D 135万円
D "SAⅡ" 141万8000円
L "レジャーエディションSAⅡ" 159万8400円
172万2600円
L "SAⅡ" 155万5200円
167万9400円
Gターボ "レジャーエディションSAⅡ" 171万7200円
184万1400円
Gターボ "SAⅡ" 167万4000円
179万8200円

主要諸元

全長×全幅×全高 3395×1475×1835mm
ホイールベース 2455mm 
車両重量 1000kg
乗車人数 4名
エンジン種類 直列3気筒DOHC
総排気量 658cc
最高出力 38kW(52ps)/6800rpm
最大トルク 60N・m(6.1kg-m)/5200rpm

説明

レジャーに使えるギアとしての能力を高めたエクストラハイルーフ軽ワゴン。
タントより85mmも高い1835mmのノッポな全高によって室内高は1455mmを確保。
これは多くのMクラスミニバンを上回り、アンダートランクが使える荷室には、スノーボードやゴルフバッグを立てて収納することが可能だ。(2WDのみ)
定番のカスタム仕様は用意しないが、もともと存在感がある。
車重が1トン前後あるため、上級グレードはターボを装着して重量増は対処している。

シートレイアウトは多彩だ。
タントに準じるが、樹種席は座面を引き起こして背もたれを倒せるので、床面の高さがフラットに近い。
助手席側の前後シートをフラットにして自転車を積載したり、上下2段階調整式デッキボードを使ったフルフラットモードなど、幅広い使い勝手を備えている。

おすすめグレードは、Gターボ SAⅡ

両側パワースライドドアやキーフリーシステムなどの快適装備に差がない L SAⅡより約12万円高いが、ターボエンジンによって走りに余裕が生まれる点が最大のメリット。
メーターも1眼タイプから3眼タイプになり、本革ステアリングも加わるため、ドライバーの満足感も高まる。
下位グレードでは約6万円でオプション設定されるLEDスタイルパックを装備しており、LEDランプの明るさを求める人にはなおお得。

購入ガイド

販売はやや苦戦しているので値引き条件は拡大中。
本体値引きだけでなく用品値引きにも目配せをしながら商談を進める。
ピクシスメガとの兄弟社競合は用品値引きをメインで商談しよう。
ガチでライバル視しているNボックスに加えてデイズルークスも絡めていく。

人気グレードBest3

  1. Gターボ SAⅡ
  2. L SAⅡ
  3. D

人気ボディカラーBest3

  1. パールホワイトⅢ
  2. ブラックマイカメタリック
  3. タングステングレーメタリック

車を売る時は無料一括査定

値引き金額

車を売るなら高く売りたいですよね?

私が昔乗っていた車を売った時、複数の車買取会社から査定を受けました。

車の無料一括査定(見積もり)

すると、一番高い会社と安い会社との査定額は600,000円もの差がありました。(同じ車なのに、ですよ!?)

かんたん車査定ガイドでは、最大10社からネットで簡単に一括査定を受けることができます。

手続きは1分で終わり、すぐに査定額が一番高い会社がわかります。

買い叩かれずに済むメリットも〇

もし新しい車に買い替えるなら、今乗っている車は下取りに出しますよね?

下取りに出す前に、あらかじめ下取り価格の相場を知っておくと、買い叩かれずに済むメリットもあります。

車の一括査定(見積もり)たった1分!
愛車の下取り最高額を知る(無料)

-見積もり額・値引き額の相場

Copyright© 一番安い自動車保険:おすすめ比較ランキング , 2017 All Rights Reserved.