一番安い自動車保険:おすすめ比較ランキング

【元社員がわかりやすく解説】国内大手の損害保険会社に勤務!自動車保険のプロ「保子(やすこ)」がわかりやすく解説します!安い任意保険はどこ?保険会社を比較したおすすめランキングは必見!(信頼できる保険のプロが監修したサイトです)

【スバル・レヴォーグ】値引き額・新車価格の相場はいくら?-最安値を引き出す方法とは

更新日:

スバル・レヴォーグ

新車を購入するなら安く買いたいですよね?

新車は高いから手が出ない…
値引きしたいけど、新車って安くならないんでしょ?

確かに、「新車を安く買うのって難しそうだ…」と思ってしまいますよね?

しかし、今から説明する方法なら、値引き額を大きくアップさせて、安く新車を買うことができます。

以前、私が乗っていた車で、この方法を試しました。

その結果、当初提示された金額から値引き額がなんと60万円もアップしました!!

この「新車をとても安く購入できる方法」は、誰にでも実践できるので、ぜひ試してみください。

スバル・レヴォーグの値引き額・相場

スバル・レヴォーグの値引き額(相場)は、

14万~31万円

となっています。

それでは、ここから更に安くする方法をご紹介します。

【必見】値引き額をアップする方法

値引き金額

方法1:ライバル車と競わせる

まず、ライバル車を調べます。

ライバル車とは、あなたが「買いたい!」と思っている車と、以下の特徴が似ているクルマです。

1、車の形状(ミニバン、セダン、SUVなど)
2、ボディサイズ
3、エンジンの排気量
4、価格

値引きで特に大切なポイントは・・・狙っている車よりも価格が少し安いライバル車を見つけること、です。

そうすることで、

「クルマとしては狙っている車の方が魅力的ですが、ライバル車の方が値段は魅力的なので、迷っているんです。」

という図式ができあがります。

これによって、あなたが本当に狙っている車の値下げ交渉に入れるのです。

スバル・レヴォーグのライバル車

・アテンザワゴン
・フォルクスワーゲン-ゴルフヴァリアント

方法2:総額で攻める

実は、車には値引きできる箇所がいくつもあります。

・本体車両価格の値引き

・付属品の値引き

・ローン利用による値引き

などです。

しかし、これらは個々で攻めるよりも、「総額」で攻めた方が結果的に安くなります。

理由は、「本体車両価格」や「付属品の価格」などの個々では、値引きできる金額は大きくないからです。

具体的な攻め方としては、

現金一括なら「総額で250万円にならないかな?」

ローンを組むなら「月々2万円以内に収めたい」

といった具合で伝えてください。

もちろん、それが多少無理な数字になるのはお約束!

でも、営業マンは個々で攻められるよりも、大枠で攻められる方が条件をいじりやすいのです。

こちらから総額を提案すれば、営業マンが「じゃあ、ドコとドコを値引きすれば、その金額にできるか?」をすべて計算してくれるのです。

方法3:下取り価格を上げる

(※実は値引きをする上で、ここが一番大切です。)

新車を買う時、現在あなたが乗っている車を、新車を買うお店にそのまま下取りに出してはいけません

他の買取店などで見積もりを取ってもらって、車の下取り価格を競合させましょう。

実は、買取査定というのはとてもピンキリで、最大で60万円くらいの差がでることもあるからです。

車の無料一括査定(見積もり)

新車を買ったときに、もし買取相場を知らずにディーラーに下取りを任せてしまうと、大損することもあるのです!!

「事前に、他の買取店で見積もりを取ったほうが良いのはわかったけど、なんだかめんどくさいな…」

でも、そういう方には、「かんたん車査定ガイド」というネットで査定できるサービスがあります。

無料で複数の会社から査定してもらえるので、わざわざ店に行かなくても愛車の最高値相場が、すぐにわかります。

最高額のところに売るのもOKですし、査定するだけでももちろんOKです。

所要時間は、たったの1分弱

これなら、忙しくても大丈夫ですよね?

最近の新車は、車両本体価格からの値引き余力は、非常に少なくなっています。

そのため、営業マンも車両本体値引きについてはそれほど駆け引きせずに、初回からいきなり限界値に近い条件を提示してきます。

つまり、粘っても値引き額が拡大するレベルのは、たかがしれているのです。

そこでおすすめしたいのが、下取り金額を上げることなのです。

私の例ですが、当初は

本体値引き10万、下取り30万円

と言われていました。

しかし、事前に下取り専門店(かんたん車査定ガイド)で愛車の最高額を調べていたおかげで、下取り額を上げることができ、全体的な値引き額のアップにつながりました。

値引き額をアップする方法でも説明した「ライバル車と競わせる」方法も使った結果、

最終的には、

本体値引き20万、下取り80万円

になりました。

値引き額で10万円ですが、下取り額では50万円もアップしています。

合計で60万円値引き額アップを実現しました。

特に下取り額の50万円アップは、わずか1分弱でできたのです。

わずか1分弱で、値引き額をアップさせますか?

それとも値引きを諦めてしまいますか?

たった1分!
愛車の下取り最高額を知る(無料)

(補足)スバル・レヴォーグってどんなクルマ?

スバル・レヴォーグ

日本市場にジャストフィットするスポーツツアラーとして登場した。
スバル車ならではの優れたパッケージング、走り、使い勝手を特徴としている。

基本情報

乗車定員 5名
ドア数 5ドア
使用燃費 レギュラー
エコカー減税 適合
燃費 16.0km/リットル
※JC08モード燃費の場合

内外装・走り・実用性が調和されたスポーツツアラー

動力性能 エンジンは1.6リットル、2リットルをラインナップ。
双方ともターボを組合わせることで、スポーティな特性を発揮。
それでいて優れた環境性能と経済性を実現する。
操縦性 サスペンション各部の剛性を高め、ジオメトリーの最適化を図ることで操舵に対して素早く、正確な反応を示す。
スポーツツアラーに相応しい走りが味わえる。
実用性 スバルが培ってきたワゴン作りのノウハウが活かされた荷室は、広さや使い勝手の良さは別格。
荷物の積み下ろしが楽にできるのも利便性を高めた要因だ。
居住性 室内は人が乗り込んだ時に、型と肘まわりにゆったりとしたスペースがあることを実感させる。
左右席間にも適度な距離を確保し、ゆったりとくつろげる。
運転のしやすさ 日本の交通環境に適したボディサイズとし、取りまわし性は良好。
前後ともクリアな運転視界を確保したことで、どんな場面でも運転がしやすいと感じる。
このクルマのここがポイント マイナーチェンジとほぼ同時期にSTIとのコラボレーションで開発された「STIスポーツ」が発売された。
ベース車の優れた資質をさらに磨き上げたクルマで、ベース車以上に人気を集めている。
こうした特別なモデルはもちろん、標準者を選んでもスバル車ならではの走りの良さや質感の高さを実感できる。
高い満足感が得られる車だ。
こんなユーザーにおすすめ 使い勝手を重視して選ぶとしても、クルマを操る楽しさや走りの良さを堪能したいと考えるなら最適な選択といえるだろう。
1.6リットル仕様、2リットル仕様ともに動力性能は満足できるポテンシャルを持ち、ハンドリングがシャープで爽快。
レジャーで出かけるときはもちろん、毎日のドライブでも走りの楽しさを存分に味わうことができる。

ラインナップ表

エンジン 駆動方式 トランスミッション グレード
1.6リットル水平対応4DOHCターボ 4WD CVT 1.6GTアイサイト
1.6GTアイサイトSスタイル
1.6GT-Sスタイル
1.6STIスポーツアイサイト
2リットル水平対向4DOHCターボ 2.0GT-Sアイサイト
2.0STIスポーツアイサイト

新車価格

グレード 価格(万円)
1.6GTアイサイト 277万5600円
1.6GTアイサイトSスタイル 290万5200円
1.6GT-Sスタイル 305万6400円
1.6STIスポーツアイサイト 348万8400円
2.0GT-Sアイサイト 356万4000円
2.0STIスポーツアイサイト 394万2000円

主要諸元

全長×全幅×全高 4690×1780×1490mm
ホイールベース 2650mm 
車両重量 1550kg
乗車定員 5名
エンジン種類 水平対向4気筒DOHC+モーター
総排気量 1599cc
最高出力 125kW(170ps)/4800~5600rpm
最大トルク 250N・m(25.5kg-m)/1800~4800rpm

説明

レガシィーリングワゴンの後継車で、走りの楽しさを追求したハンドリングと動力性能の高さ、ワゴンボディならではの使い勝手の良さが融合している。

エンジンは水平対向の1600ccと2000ccで、どちらも直噴ターボ仕様。
駆動方式は4WD、CVTとの組み合わせのみだが、1600ccはFFベースの電子制御式、2000ccは前45:後55の不等トルク配分をベースとした、スポーティな4WDシステムを採用する。
2000cc車の1600ccでも動力性能は2500cc級で、2000ccは300馬力/40.8kg-mのパワーによって、スポーツカーに近い走りを見せる。

インテリアはオーソドックスなデザインながら、質感を高め、各所でステッチで引き締める。
荷室容量は522リットルあり、荷室壁面に可倒スイッチを配置する。

 

おすすめグレードは、1.6STIスポーツアイサイト

1.6GT-Sアイサイトより43.2万円も高いが、STIが手がけた専門スポーツサスペンション、標準車よりシャープな顔つきになるフロントバンパー&グリル、ボルドー×ブラックの本皮シートなど走りから内外装まで手が加わっている。
アドバンスドセイフティパッケージも標準装備されて安全性能も向上しており、現在のベストバイグレードなのは間違いない。

購入ガイド

スバル車は全般的に納期が長めなので、まずは納期を確認。
本体値引きは拡大傾向にある。
さらに、この時期ならではの用品特典などを活用しながら、値引き条件アップを狙っていきたい。
アテンザワゴンをメイ ンに、VWーゴルフヴァ リアントとも競合をしかける。

人気ボディカラーBest3

クリスタルホワイト・パール
ダークグレー・メタリック
クリスタルブラック・シリカ

車を売る時は無料一括査定

値引き金額

車を売るなら高く売りたいですよね?

私が昔乗っていた車を売った時、複数の車買取会社から査定を受けました。

車の無料一括査定(見積もり)

すると、一番高い会社と安い会社との査定額は600,000円もの差がありました。(同じ車なのに、ですよ!?)

かんたん車査定ガイドでは、最大10社からネットで簡単に一括査定を受けることができます。

手続きは1分で終わり、すぐに査定額が一番高い会社がわかります。

買い叩かれずに済むメリットも〇

もし新しい車に買い替えるなら、今乗っている車は下取りに出しますよね?

下取りに出す前に、あらかじめ下取り価格の相場を知っておくと、買い叩かれずに済むメリットもあります。

車の一括査定(見積もり)たった1分!
愛車の下取り最高額を知る(無料)

-見積もり額・値引き額の相場

Copyright© 一番安い自動車保険:おすすめ比較ランキング , 2018 All Rights Reserved.