自動車保険の値段は、等級・年齢・走行距離・事故有係数などから計算されるため、その人によって一番安い保険会社は変わります。あなたにとって一番安い自動車保険を見つけませんか?

一番安い自動車保険:人気おすすめランキング

【ダイハツ・ムーヴ】値引き額・見積もり額の相場はいくら?-最安値を引き出す方法とは

更新日:

ダイハツ・ムーヴ

新車を購入するなら安く買いたいですよね?

新車は高いから手が出ない…
値引きしたいけど、新車って安くならないんでしょ?

確かに、「新車を安く買うのって難しそうだ…」と思ってしまいますよね?

しかし、今から説明する方法なら、値引き額を大きくアップさせて、安く新車を買うことができます。

以前、私が乗っていた車で、この方法を試しました。

その結果、当初提示された金額から値引き額がなんと60万円もアップしました!!

この「新車をとても安く購入できる方法」は、誰にでも実践できるので、ぜひ試してみください。

 ダイハツ・ムーヴの値引き額・相場

ダイハツ・ムーヴの値引き額(相場)は、以下となっています。

クラス・車型 割引き額(万円)
ムーヴ/カスタム
(ステラ/カスタム)
10~15万円
ムーヴキャンバス
8~15万円
ムーヴコンテ/カスタム
(ピクシススペース)
10~20万円

それでは、ここから更に安くする方法をご紹介します。

【必見】値引き額をアップする方法

値引き金額

方法1:ライバル車と競わせる

まず、ライバル車を調べます。

ライバル車とは、あなたが「買いたい!」と思っている車と、以下の特徴が似ているクルマです。

1、車の形状(ミニバン、セダン、SUVなど)
2、ボディサイズ
3、エンジンの排気量
4、価格

値引きで特に大切なポイントは・・・狙っている車よりも価格が少し安いライバル車を見つけること、です。

そうすることで、

「クルマとしては狙っている車の方が魅力的ですが、ライバル車の方が値段は魅力的なので、迷っているんです。」

という図式ができあがります。

これによって、あなたが本当に狙っている車の値下げ交渉に入れるのです。

ダイハツ・ムーヴのライバル車

ムーヴ/カスタム(ステラ/カスタム)
・ワゴンR
・Nワゴン
・デイズ

ムーヴキャンバス
・ハスラー
・Nボックス

ムーヴコンテ/カスタム(ピクシススペース)
・ピクシススペース

方法2:総額で攻める

実は、車には値引きできる箇所がいくつもあります。

・本体車両価格の値引き

・付属品の値引き

・ローン利用による値引き

などです。

しかし、これらは個々で攻めるよりも、「総額」で攻めた方が結果的に安くなります。

理由は、「本体車両価格」や「付属品の価格」などの個々では、値引きできる金額は大きくないからです。

具体的な攻め方としては、

現金一括なら「総額で250万円にならないかな?」

ローンを組むなら「月々2万円以内に収めたい」

といった具合で伝えてください。

もちろん、それが多少無理な数字になるのはお約束!

でも、営業マンは個々で攻められるよりも、大枠で攻められる方が条件をいじりやすいのです。

こちらから総額を提案すれば、営業マンが「じゃあ、ドコとドコを値引きすれば、その金額にできるか?」をすべて計算してくれるのです。

方法3:下取り価格を上げる

(※実は値引きをする上で、ここが一番大切です。)

新車を買う時、現在あなたが乗っている車を、新車を買うお店にそのまま下取りに出してはいけません

他の買取店などで見積もりを取ってもらって、車の下取り価格を競合させましょう。

実は、買取査定というのはとてもピンキリで、最大で60万円くらいの差がでることもあるからです。

車の無料一括査定(見積もり)

新車を買ったときに、もし買取相場を知らずにディーラーに下取りを任せてしまうと、大損することもあるのです!!

「事前に、他の買取店で見積もりを取ったほうが良いのはわかったけど、なんだかめんどくさいな…」

でも、そういう方には、「かんたん車査定ガイド」というネットで査定できるサービスがあります。

無料で複数の会社から査定してもらえるので、わざわざ店に行かなくても愛車の最高値相場が、すぐにわかります。

最高額のところに売るのもOKですし、査定するだけでももちろんOKです。

所要時間は、たったの1分弱

これなら、忙しくても大丈夫ですよね?

最近の新車は、車両本体価格からの値引き余力は、非常に少なくなっています。

そのため、営業マンも車両本体値引きについてはそれほど駆け引きせずに、初回からいきなり限界値に近い条件を提示してきます。

つまり、粘っても値引き額が拡大するレベルのは、たかがしれているのです。

そこでおすすめしたいのが、下取り金額を上げることなのです。

私の例ですが、当初は

本体値引き10万、下取り30万円

と言われていました。

しかし、事前に下取り専門店(かんたん車査定ガイド)で愛車の最高額を調べていたおかげで、下取り額を上げることができ、全体的な値引き額のアップにつながりました。

値引き額をアップする方法でも説明した「ライバル車と競わせる」方法も使った結果、

最終的には、

本体値引き20万、下取り80万円

になりました。

値引き額で10万円ですが、下取り額では50万円もアップしています。

合計で60万円値引き額アップを実現しました。

特に下取り額の50万円アップは、わずか1分弱でできたのです。

わずか1分弱で、値引き額をアップさせますか?

それとも値引きを諦めてしまいますか?

たった1分!
愛車の下取り最高額を知る(無料)

 

ダイハツ・ムーヴの見積もり額(総額)

見積もり額

項目 金額
車両本体価格 1,35,000円
自動車取得税 0円
自動車税(年額) 10,800円
自動車重量税 0円
自賠責保険料(37ヶ月) 37,780円
登録・諸費用等 70,000円
合計 1,468,580円

※カスタムⅩ(CVT)の場合

グレード別 新車価格

ラインナップ表

エンジン 駆動方式 トランスミッション グレード
0.66リットル直3DOHC FF/4WD CVT L
L "SAⅡ"
X
X "SAⅡ"
0.66リットル直3DOHCターボ Xターボ
Xターボ "SAⅡ"
0.66リットル直3DOHC カスタムX
カスタムX "SAⅡ"
カスタムRS
カスタムRS "SAⅡ"

新車価格

グレード 価格(万円)
L 113万4000円
125万8200円
L "SAⅡ" 120万9600円
133万3800円
X 125万2800円
137万7000円
X "SAⅡ" 131万7600円
144万1800円
Xターボ 131万7600円
144万1800円
Xターボ "SAⅡ" 138万2400円
150万6600円
カスタムX 140万4000円
152万8200円
カスタムX "SAⅡ" 146万8800円
159万3000円
カスタムRS 153万9000円
166万3200円
カスタムRS "SAⅡ" 160万3800円
172万8000円

人気グレードBest3

  1. L "SAⅡ"
  2. L
  3. X "SAⅡ"

人気ボディカラーBest3

  1. パールホワイトⅢ
  2. ブラックマイカメタリック
  3. ブライトシルバーメタリック

ちょっと得する情報

メルセデス・ベンツGLA

「資金作りのために、今乗っている車をできるだけ高く売りたい」

「ダイハツ・ムーヴに買い換えたとき、今乗っている車の売却交渉を優位に進めるために、買取相場を知っておきたい」

という方のために、

かんたん車査定ガイド なら、たった1分下取り価格の最高額相場がわかります。(しかも無料!)

※無料査定だけでもOK。実際に売るか売らないかは自由です。

 

(補足)ダイハツ・ムーヴってどんなクルマ?

ダイハツ・ムーヴ

軽の本質である低燃費・低価格を追求することで、年齢や性別を問わず幅広いユーザーから支持されてきたベーシックスモール。
標準車とカスタムを用意。

基本情報

乗車定員 4名
ドア数 5ドア
使用燃費 レギュラー
エコカー減税 適合
燃費 31.0km/リットル
※JC08モード燃費の場合

スモールカーの本流を追求したベーシックモデル

動力性能 ターボ仕様はパワフルだが、NAエンジン仕様でも発進・加速がスムーズでストレスを感じさせない。
そのうえ、30km/リットルを超える低燃費を達成している。
操縦性 サスペンション周りの剛性を高めるとともにスプリングやダンパーの特性を最適化。
これにより走行状況に応じた的確な操縦性を発揮し、安心感が高められた。
実用性 荷室に備わったデッキボードの下には、大容量の収納スペースが設けられている。
ボードをはね上げて固定すれば、背の高い荷物を積むことが可能となる。
居住性 前席と後席の間隔が広く、後席乗員の足元に余裕があるのでゆったりと過ごせる。
シートは表皮の手触りがよく、心地よさと上質な空間の演出に貢献する。
運転のしやすさ 理想的なドライビングポジションが取れるよう、ステアリングの位置やペダルレイアウトが最適に設定されている。
小回りが効いて車庫入れも楽に行える。
このクルマのここがポイント 走行性能が高い水準にあるのが特徴の一つに挙げられる。
背の高いモデルの場合、重心の高さゆえに足元がおぼつかないと感じることもあるが、ムーヴは低速領域や直進時はもちろん、速度が高い状態でカーブに進入しても確かな手応えを感じさせる。
高剛性ボディやサスペンション各部の強化が、走りに高影響をもたらしている。
こんなユーザーにおすすめ 歴代モデルがそうであったように、現行型も老若男女を問わず推奨できる。
軽自動車の本質である運転しやすいとか、経済性に優れているといった要件は十分に満たしており、さらに走りの良さや安全装備の充実といった付加価値も持ち合わせている。
軽自動車をファーストカートして使いたいと考える人にとっても満足できる選択と言える。

主要諸元

全長×全幅×全高 3395×1475×1630mm
ホイールベース 2455mm 
車両重量 820kg
乗車定員 4名
エンジン種類 直列3気筒DOHC
総排気量 658cc
最高出力 38kW(52ps)/6800rpm
最大トルク 60N・m(6.1kg-m)/5200rpm

説明(ムーヴ/カスタム(ステラ/カスタム))

ダイハツの中核を担うハイトワゴンの6代目。
騒音や振動などを含めた乗り味にこだわり、高剛性かつ軽量なボディを採用することで、ひとクラス上の走りを実現している。
さらに、空気抵抗の低減などにより燃費を向上させた。
ノンターボでも力不足を感じないよう、ステアリングスイッチでパワー/エコモードを切り替える仕組みを持つ。

内装はデザイン、質感ともにクラスを超えるもので、カスタムはメーター内にカラーのマルチインフォメーションディスプレイを備える。
またカスタムには上級仕様の「ハイパー」を設定。
外装はダーククロームメッキとLEDイルミネーションで整え、内装は部分本革のコンビシートや専用ガーニッシュなどで質 感を高めて、小型車からの乗り換えに対応する。

おすすめグレードは、L SAⅡ

価格を重視する人向けの廉価グレードだが、自動ブレーキ搭載グレードなので安全性能は高い。
また、Lにはない運転席シートリフター&チルトステアリングが備わり、最適なポジションが得られるのは大きな違い。
上位の X SAⅡより10.8万円安く、オートエアコン、キーフリーシステム&プッシュスターター、オートライト、アルミホイールなどが省かれる。
所有感を満たす装備は省かれ、実用性を重視する人向け。

購入ガイド

年末商戦が後半に向かうにつれ、ステラとの兄弟車競合が威力を発揮。
本体値引きの拡大はそこそこで、用品値引きでさらなる条件アップを図る。
ワゴンRの在庫車があれば競合を展開。
Nワゴンやデイズとの競合も進める。

説明(ムーヴキャンバス)

長いルーフと短いノーズを持つ独特のボディに、両側スライドドアを組み合わせたファニーカー。
スライドドア車ながら全高はムーヴ より25mm高いだけだ。

女性に販売ターゲットを絞った作り込みが特徴の”メイクアップ”を上級グレードに設定。
これは内外装にメッキ加飾を配し、内装の目立つ部分にアクセントカラーを入れたオシャレ仕様。
それと同時に前席サイドエアバッグもメイクアップ専用装備としている。

廉価グレードのL系以外は後席座面の下から引き出す形で、トレイとしてもボックスとしても使える収納を配置して、これまでになかった使い勝手を提案する。
キーフリースシステム+プッシュスターターやチルトステアリング&運転席シートリフター、オートエアコンなども同じくL系以外に標準装備し、使い勝手の良さを高めている。

おすすめグレードは、G メイクアップ SAⅡ

デビュー間もないオシャレな軽自動車とあって、最上級グレードが一番人気となるのは当たり前。
ボディカラーも約6.5万円の2トーンカラーが上位を占め、購入予算を多めに考えている人が多いようだ。
XリミテッドメイクアップSAⅡより約6.5万円高く、LEDヘッドランプ、3眼メーター、スーパーUV・IRカットガラスが加わり、とくにドライバーにとってスペシャル感は大きくアップするので、価格差は割安と言える。

購入ガイド

大都市より地方で人気が高い。
本体値引きはアイドリング中ぐらいのレベルなので、用品値引きで条件アップへ持ち込もう。
目立ったライバルは存在しないため、「面白い軽自動車がいい」とハスラーやNボックスを引 き合いに出して競合させてみよう。

人気ボディカラーBest3

  1. パールホワイトⅢ×ファインミントメタリック
  2. パールホワイトⅢ×ナチュラルベージュマイカメタリック
  3. パールホワイトⅢ

説明(ムーヴコンテ/カスタム(ピクシススペース))

四角い外観、パステル調のボディカラーとホワイトルーフとの2トーンカラー仕様も設定する、オシャレな軽ワゴン。
標準車の車内は白ベースに緑のラインが入り、四角いメーターナセルやソファ風のシートなどがさらに個性を高める。
操作系ではコラムシフトがユニークさを引き立てる。

おすすめグレードは、L VSⅡ

廉価グレードのLをベースに内外装をドレスアップした特別仕様車。
アルミホイールやブラックインテリアを装備するため、カスタムに近いイメージながら約3万円安い。
その分、マニュアルエアコンやプッシュスターターがないなど、快適装備は貧弱になる。

購入ガイド

そろそろ卒業する…と言われて久しい。
ゆえに、本体値引きはすでに拡大傾向にある。
さらに用品値引きで後追いをしよう。
ピクシススペースとの競合では、用品値引きをメインで狙いたい。

人気ボディカラーBest3

  1. パールホワイトⅢ
  2. ブラックマイカメタリック
  3. プライムブラウンクリスタルマイカ

車を売る時は無料一括査定

値引き金額

車を売るなら高く売りたいですよね?

私が昔乗っていた車を売った時、複数の車買取会社から査定を受けました。

車の無料一括査定(見積もり)

すると、一番高い会社と安い会社との査定額は600,000円もの差がありました。(同じ車なのに、ですよ!?)

かんたん車査定ガイドでは、最大10社からネットで簡単に一括査定を受けることができます。

手続きは1分で終わり、すぐに査定額が一番高い会社がわかります。

買い叩かれずに済むメリットも〇

もし新しい車に買い替えるなら、今乗っている車は下取りに出しますよね?

下取りに出す前に、あらかじめ下取り価格の相場を知っておくと、買い叩かれずに済むメリットもあります。

車の一括査定(見積もり)たった1分!
愛車の下取り最高額を知る(無料)

-見積もり額・値引き額の相場

Copyright© 一番安い自動車保険:人気おすすめランキング , 2017 AllRights Reserved.